FC2ブログ
2013.04.24

ペルピニャンの夜 フランスで救急車に

前回の続き。
救急車に乗ることになった。
相方はベットに横たわって苦しんでいる。
二人の救急隊員と救急車の後部に乗り込む。
どちらも、イケメンの気さくなお兄さんであるが、消防隊員(ポンピエ)といえば、フランスでは女性にモテモテの職業の代名詞。
日本の消防隊員の方も相当鍛えたイケメンぞろいだと思うのだが、出初式以外でも、もっと話題になっていいはずだ。
ペルピニャン
その消防隊員の一人が、どこから来たの?と聞くので、昨日パリからやってきた。パリでは競馬場へ行って来た。
そう告げると、一人が反応する。
消防隊員の一人が競馬ファンだったのだ。

日本から来た馬がどれだけすごいのか?相当話題になっているのだ・・・を、もう一人背高隊員に熱く語りだす。
で、もう一人の背高兄さんは、お前、また競馬の話か!とうんざり顔。

外国人の競馬ファンと会話を交わせるなんて、そうめったにある機会でないことは、こちらも向こうさんも分かっているから、大変そうな相方そっちのけで、競馬の話ばかりになる。

随分と話している間、救急車は飛ばす。
どこまで連れて行かれるのか?
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/1674-48799362
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する