FC2ブログ
2013.02.27

プロヴァンの城壁

商業都市というにはあまりに強烈な城壁に囲まれた都市だ。
おそらく、この地方が、さまざまな勢力の影響下に近いという、商売にとって好立地条件、略奪されやすいという危険な立地条件を備えていたからなのだろう。
シャンパーニュ伯領の一都市でありながら、現在はイルドフランス地方に含まれることも、なるほどと思わせる。
プロヴァン
それと同時に、まるでアンジェのお城のごとき、場合よっては、その規模を超えるような城壁は、この町の富の象徴なのかもしれない。高さはともかく、延々と町の周りに続く。結構な範囲になる。
プロヴァン
城壁の上には登る事も出来る。
登ったからといって、とんでもない絶景に会えるわけではなくとも、登ってみたくなるのが人情だ。
城壁の形を見ると、矢を射るというより、大砲が並んでいそうなデコボコが続く。
これだけの城壁が作れるのなら、大砲をそろえることも簡単であったろう。
プロヴァン
そういえば、城壁の脇は深く掘られているのだが、お濠ってあまりフランスじゃ記憶ない。
城、水、といえば、庭園のイメージの方が強い。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/1615-914f9d8e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する