FC2ブログ
2013.01.30

モレ・シュル・ロワンの教会

シスレーが描いたことで有名な教会。
その塔の時計をズーム。
モレ・シュル・ロワン
教会脇の路地をぶらぶらうろついてみる。
人気の無い朝の教会裏。物音一つしない雰囲気、静寂に包まれているのだ。
モレ・シュル・ロワン
シスレーが描いた構図の似た雰囲気で一枚撮影。
絵はこれとは反対側であろう。
色々な時代の石で組みあがっているようだ。
塔も背面も壁面も、色も形もサイズも違うのだ。
モレ・シュル・ロワン
この脇にシスレーは住んでいた。
教会の中へ入ってみる。
巨大な大聖堂ではないが、ちょっとした町にはある、中心の教会といったサイズと感じである。
モレ・シュル・ロワン
オルガンが古いのだそうだ。
一番下にぶらさがっている人形のようなものまで、装飾にこだわってできている。
パイプ下のカラーの線対称の装飾も、あまり見たことが無いか?
モレ・シュル・ロワン
ぐるりと教会を回って、さてさて、モレの町も一通り回ったな!と思って外に出ると、大雨になっていた。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/1565-d0ab869d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する