FC2ブログ
2013.01.07

ラニオンの古い家

ラニオンといえば、この建物が必ずと言っていいほど写真に出てくるのである。
ジェネラル・ルクレール広場。
市も立つこの広場にこの古い建物が互いにバランスをとって寄り添うように立っている。
どう見ても歪んで見える。
ラニオン
ブルターニュやノルマンディで見られる、四角い瓦のようなものを貼り付けた壁面も特徴的であるし、柱の彫刻も、そのテカリと傷具合が古さを醸し出している。
このあたりは、この建物以外も、古そうな家々が多いし、道も細かったりする旧市街だ。
ラニオン
ちょうど、ここで市場が開かれていたとき、車ごとお店になっている一軒に、中華屋さんがあった。
フランスは、大抵どの街にも、中華屋さんが一軒はあったりする。
この街もそうだ。
脚を置いて店を構える中華料理やさんとは別に、こうした中華の惣菜を売る車の出店がある。
きっと、中華系の食材や、情報、新聞なんかも、配ったりして、あちこち回っているのだろうなどと、思ったのである。
日本人もいろんなところにいるが、中国人はもっと多い。
こうして、血管が張り巡らされているのかもしれないなと。
もちろん、想像の域をでないのであるが。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/1544-a75884b2
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する