FC2ブログ
2012.12.06

モナコ駅にて飲み込まれる人々

モナコといえば、フランスではない。
もちろん、そうなのであるが、帰宅ラッシュ時間になると、モナコの駅に人があふれる。
空席を探して、慌てて座る姿は、パリといっしょというより、東京のようだ。
それだけ多くのフランス人を雇用しているということになるのだ。
ニース方面行ホームであるから、ニース界隈からモナコへ出勤して来る人がとても多いのだろう。
モナコ駅
列車がくると、多くの人を飲み込んでゆく。
そして、誰もいなくなった、黄金の輝きを見せるホームに、次の列車までにまた、人だかりができるのである。
モナコ
我々が、会話した、モナコの人は、実はフランス人であったなんてことの方が圧倒的に多いのかもしれない。
モナコがフランスの一部にならずにモナコのまま存在した方が、フランスにもたらす経済効果が大きいのではないか?とすら思える光景なのである。
モナコがフランスとは別の国であるという”限定条項”が、どれだけの観光客を生み出すことか。
ニース、ローマ一週間の旅は、実は、ニース、モナコ、ローマ、バチカン4カ国訪問になるかもしれぬのである。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/1526-03acccdc
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する