FC2ブログ
2012.09.11

Rue Georges Braque ジョルジュ・ブラック通り

人物名のつく通りは多いが、画家の名前が特別に感じるは、絵を見に行くほどの海外大国フランスだからかもしれぬ。
キュビズムの大家の名を冠する通りが、モンスーリ公園の西側にひっそりとある。
パリの道
Rueというものの、このとおり、実はImpass。すなわち行き止まり。
ありそうで、日本ではなかなか見かけないタイプの自転車が絵になる。
パリの道
行き止まり付近から、振り返って坂道の先を見ると、モンスーリ公園が借景となって、緑あふれる美しい通りになっている。手前の道は結構車通るのであるが。
パリの道
石畳も、”まま”の感じでいい雰囲気なのだが、便利という言葉からはおよそ遠い。
いい雰囲気!とか言いながら、実際に生活するとなると、手のひらすのが、日本の常。
歩きづらい!
ショッピングカート転がしづらい!
誰が毎日買い物行くと思ってんの!
こちらでは、おばちゃんの鶴の一声で、石畳反対!とは、あいならぬのであろう。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/1448-91fdb089
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する