FC2ブログ
2012.08.13

モン・サン・ミシェルとアヴランシュの司教オベール

モン・サン・ミシェルの中、途中階段を降りてくると現れる像。
大天使ミカエルとオベール司教のレリーフである。
もちろん、これは、創建当時の代物ではないが、この教会の生い立ちの逸話なのである。
モンサンミシェル
アヴランシュの司教オベールの夢に二度出たというミカエルが、あそこ、モントンブに礼拝堂を建てよと言ったという。ということは、アヴランシュからモントンブが見えるのであろうし、モン・サン・ミシェルから、アヴランシュが見えるはずなのである。
モンサンミシェル
そう思って、東方向にアヴランシュを探してみるが、きっと、どれか、見えている教会らしき建物の場所が、アヴランシュなのであろうが、モンドルを探したとき同様、これだ!と決め手がない。
いや、これだ!と思って激写したアヴランシュが、こうして写真を並べてみると、建物の並びが違い、どちらかはアヴランシュではあるまい。
モンサンミシェル
アヴランシュが、このモン・サン・ミシェルを建てるきっかけとなった町なのであれば、アヴランシュから、オベールが見たという、モン・トンブを眺めて見なければなるまい。
この司教には、そこが、どう見えていたのか?
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/1421-6b161e07
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する