FC2ブログ
2007.12.17

サン・ローラン教会

サン・ローラン教会

初めてパリに到着したのは、スイスのバーゼルから乗った夜行列車であった。
車掌さんが、アランプロストそっくりであったのを覚えている。

到着したのは東駅。
初めてのフランス、初めてのパリは、列車にて到着したのである。

この東駅からほんの少しストララスブール大通りを南下すると左手に現れる教会がこれだ。
マジャンタ大通りとの交差点に位置する。
大通りがぶつかるだけに、少々広くなっている場所に、印象的に建っている。
多くのバスも通過するので、バスから眺めている人も多いだろう。

この教会の前に立てば、東駅が手に届くような位置に見える。

教会正面のファサードの絵が印象的な教会であるが、入るには、どうやら、この教会の裏手、サンマルタン通り側から入るようだ。

残念ながら、そこまでまわってみたが、入ることは出来なかった。
そとの看板に寄れば、12世紀から19世紀にかけてのものが合わさった教会のようである。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/140-d9fb566a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する