FC2ブログ
2012.07.07

パリの円形闘技場 Square des Arenes de Lutece

パリ5区のモンジュ通りに不思議な入り口がある。
口の右側には、公園であることを示す緑の表札とここが、パリの歴史的観光スポットであることを示す鉄看板もたっている。
この口を通り抜けると、そこに、円形闘技場があるのだ。
パリの円形闘技場
円形闘技場といえば、ローマのコロッセオ、フランスなら、ニームやアルルが有名だ。
ここ、パリにも、こんな古代遺跡があったのである。
Arenes de Lutece、リュテスのアリーナ、リュテス円形闘技場ということになる。
リュテスは、この丘を中心にできたパリの前身、ルテティアの町のことになる。
パリの円形闘技場
ルテティアはケルト名だ。ここに住んでいた人がパリシイ族であったのだ。
だから、現在パリと呼ばれるのだが、これも、ケルトから来ている名前なのである。
ここへ、ローマがやってきて、これができたのだろう。
ケルトとローマであるから、ガロ・ロマン期の遺跡ということだ。
パリの円形闘技場
ローマはキリスト教化と共に、占領政策にも優れていたのだろう。
大帝国になった所以の一つがこうした遺跡に残されているのかも知れぬ。
ここが首都になるのは、この先、クロヴィスというゲルマン民族フランク族の王がやってきてからのことだ。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/1379-f9ce2f6f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する