FC2ブログ
2012.05.08

世界遺産レーティッシュ鉄道ベルニナ線ループ橋へ

森林限界を再び越えると区問い木々が現れる。
そして、遠くに湖が。
車掌さんが、あれだよ!と指さして教えてくれる。
この湖が、右に見えたり左に見えたりするのだが、同一の湖を見ていることがわかるまでに、何往復かした。
どこをどう走っているのか、良くわかっていないのだ。
もっと手前の村の上部から落ちる氷河の滝?が何度も見えて、それでようやくジグザグにくだっていることに気づく。
レーティッシュ鉄道
下りきって到達した湖の脇を抜ける。
結構大きな湖である。
レーティッシュ鉄道
さらにじわじわ下ってゆくと、雪が消えてゆく。
そして右手前方に現れたのが、ループである。
レーティッシュ鉄道
もっと広角で狙うべきだったか?
そんなことを考えている暇はない。
次があれば、広角でも撮れる準備はしておきたい。
ループの内側に木々があるのがわかるだろう。
この木が邪魔でうまく取れないのだ!なんていっていてはいけない。
デジカメなのだ。連写連写していなければ、あっ!と思ったときには、チャンスを逃しているのである。
レーティッシュ鉄道
さらに下ってゆく。
イタリアからサンモリッツを目指せば、この風景と共に、ループ橋がやってくる。
下ってくる時に比べ、わかりづらかろう。車内放送はあるのだが、それは、言葉のわかる人限定の話。
レーティッシュ鉄道
ほっと一息して、街中を抜けると、ティラーノへ到着。
箱根登山鉄道と連携しているとのことだが、なんとなく、顔が小田急っぽく感じるのである。
レーティッシュ鉄道
白ひげが、雪の激しさを教えてくれている。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/1334-a9103d2a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する