FC2ブログ
2012.05.02

世界遺産レーティッシュ鉄道ベルニナ線の白銀の世界2

前方に座席を取ったのであるから、写真は列車後方へ向かって撮ることになる。
たしかに、前方に向かってカメラを構えていては、先頭車両が切り裂く雪のしぶきで、とても前を見てはいられぬ。撮影は、やはりコーナーが狙い目・・・と言ったって、コーナーだらけで悩む事は無い。
ベルニナ急行
赤と白のコントラストは美しい。
何かあっても、赤ければ発見されるといわぬばかりの車輌。
ベルニナ急行
丁度、すれ違う列車なのだろう。
停まっているサンモリッツ方向へ向かう列車を発見。
その向こうは駅だ。
ベルニナ急行
その駅に到着すると、止まっていた列車は発車してゆく。
すれ違いなのだ。単線なのだろう。
ベルニナ急行
下り始めると、後方車輌は、上を見上げるような位置関係になるわけで、その向こうに、今越えてきた山々が見える。
ここは、複線になっているから、線路が見える。
ベルニナ急行
一気に下界へ下る場合、九十九折になっている。
上から下を見下ろすと、数分後に通過するであろう線路が見えたりする。
ベルニナ急行
山肌を縫うように降りてゆくと、白銀の天空から、地上に降り立った感さえする。
遠くの下界に湖が見えるのだが、湖が、右の車窓に見えたり、左の車窓に見えたりし始める。
見えている湖は同じものなのだ。
そして、その湖脇を目指すのである。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/1332-29fdbafe
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する