FC2ブログ
2012.03.19

トルコ航空でパリへ行く3

トルコ航空でパリへ行くに当たって最大の難点は、イスタンブールの乗換時間ではない。
パリ発の時間なのである。
なにしろ7時40分であるから、結構早く空港へ向かわなくてはならないのだ。
しかも、土日になると、RER-B線は朝5時半ごろ北駅を出る電車しかない。
もっとも、それで充分間に合うのであるが。
オンラインチェックインしておけば、座席確保も前日にしておける。もちろん、ボーディングパスの印刷などせずとも、空港で常と同じように手に入れられる。
パリ発の時間は、意外と盲点で、これは、トルコ航空に限らず、欧州航空会社利用だと結構あてはまる。
ラッシュと重なるのも辛いが、早朝も眠くて大変。
トルコ航空
往路、イスタンブールから欧州内へ向かうとき、帰路、パリからイスタンブールへ向かうとき、イスタンブールの町並みを飛行機から眺めることができる。
写真を撮りたければ、待ち構えておくべきだ。乗り継ぐ人たちの特権である。
トルコ航空
帰路、イスタンブールでの乗継が6時間程度ある。
この時間を有効活用してイスタンブール観光と行きたいところであったが、トルコの情報を全く持っていかず、今回は空港内で過ごすことに。
トルコのご飯を食べ、トルコアイスを食う。
どうやらほとんどのお店でユーロ使用可能。
おつりも、ユーロで返ってきたり、足りなければトルコ通貨で返ってきたり。
トルコ航空
日本到着1時間半前ほどになると食事になるが、おや、どこかで見たメニュー。
そうそう、行きにチューリッヒ便で食べたやつだ。メインディッシュは一緒。
トルコ航空
パリの空港でトルコ航空の写真を撮ろうとしたら、「ダメよ!」とお兄さんに言われたので、成田で最後に一枚。
トルコ航空
行きはロシア上空を飛び、モスクワ手前で南下してイスタンブールへ向かったが、帰りは、トルコの黒海沿岸をなめるように飛び、カフカス山脈の南を抜け、カスピ海を越え、中央アジアを抜け、北京ソウル上空経由で日本へやってきた。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/1262-e12a30be
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する