FC2ブログ
2011.12.19

Avenue Pierre Mendès-France ピエール・マンデス・フランス大通り

パリの13区河岸地区。再開発エリアの北端、オーステルリッツ駅付近から、線路沿いに伸びる通りだ。
フランソワ・ミッテラン国立図書館同様、この地区、ガラスガラスガラスの建物が多い。
この写真の建物も特徴的だ。
そこにおいてあった道標にワイヤーでくくりつけられた自転車と、パリのゴミ袋。
パリの道
最近のパリの象徴的な画かもしれない。
ガラスに映っているのは、オーステルリッツ駅の駅舎側にある、グリーンとグレーの工事現場の柵。
駅そのものも含め、どう変わっていくのだろうか?
コンクリートジャングルならぬ、ガラスジャングル化するこのエリア。これもパリの一つの顔。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/1176-6c4532c6
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する