FC2ブログ
2011.12.05

モンマルトルの丘

モンマルトルというのは、Montmartreという綴りになる。
カタカナだと、モンパルナスとモンマルトルがごっちゃになるのである。
このモンマルトル、Mont(山)Martyr(殉教者)という二つの単語がくっついているのである。
モンマルトル
殉教者の山。
昨日のブログに載せた、サンドニさんと、その弟子、聖エリューテールと聖リュスティックが殉教した山なのである。
モンマルトルという響き・・・。
ユトリロの描いた、路地、路地、小道、小路、階段、街灯・・・。
どこをとっても雰囲気のある、何とも風情ある響きのモンマルトルという単語。
殉教者の山という意味であるのである。
サンドニが見たパリと、今の白くビルに埋め尽くされたパリと、相当な違いがあるに違いない。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/1162-b42bb54f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する