FC2ブログ
2011.11.15

Lisieuxリジュー バッス・ナヴァラン通り

道というのが、サイトでもブログでも大きなキーになっている。
道の向こうに見える風景、道そのものの風景。
地方でもパリでも、そのお気に入りの通りを探すのが楽しみの一つなのだ。
だから、歩き回る。
バッス・ナヴァラン通りは、聖テレーズの家、レ・ビュイソンネへ向かう途中にある。
遠くのきれいな緑と坂道が印象的な通りだ。
111115-1

この町はずれの緑は他からも見ることができる。
この通りは一本違いのカルノ大通り。
111115-2

そして、聖テレーズの家の門からも、こうして見ることができるのだ。
テレーズがここへ住んでいた時にも、こんな感じであったかどうか?
ただ、あの丘はあったに違いない。
111115-3
なだらかな地形ででこぼこしているフランスは、こうした丘が多い。
その点、日本は急峻で、中国ほどではないにせよ、激しい地形が多いようなきがする。
プレートの境ゆえかもしれぬ。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/1142-4a7425c6
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する