FC2ブログ
2011.10.16

L'Artisan du Painのドロップスとクロワッサン

Dropsドロップスと呼ばれるこの菓子パンは、チョコレートと黄色いクリームのようなものが挟まれた、ずっしり重い甘いパンである。Suisseシュイスとも言われる。
これは、お店によって違うが、まあ、同じものだ。
先日訪れたリジューでは、ペピートと呼ばれていた。

スイス=甘いチョコと言う図式がフランス人の中にはあるようだ。
もちろん、スイス、サヴォワ風の甘いパンなのであろう。
111016-1
顔をペンペンたたきたくなるような表面の平ら感と長さである。
まあ、どこで買って食べても、今のところ大きな違いを感じたことはない。
これも、日本人の女の子達には、少々重ーいデザートになるかも知れぬ。日本男児甘党向けである。
111016-2
さて、クロワッサン。先週載せたパン・オ・ショコラがあれなんだから、見た目の感じからも、きっと、巻き巻き感たっぷりのクロワッサンに違いないと思って、買ってみると、はたして、期待通りであった。
食べるときに、出来上がったものを壊す感がある。


それにしても、いつもパン屋さんで、私の発音のドロップスは通じない。ドホップス、ドゴップス・・・。
恥ずかしがってハッキリ言わぬと、全く通じぬのである・・・と思っている。
クロワッサンも、コワッソンかクホワッソンがカタカナにすると最も近いような気がする、発音は。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/1112-56a59145
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する