FC2ブログ
2020.07.10

ワルシャワ王宮前にて

カラフルな家々もあるが、目立つのは、真ん中に立つ細い柱と、上に立つ像だ。
誰の像かと調べれば、ジグムンド3世だという。
ワルシャワ王宮前のカラフルな旧市街の家々の見える広場
この王は、スウェーデン人とポーランド人の間に生まれ、クラクフ育ち。
ポーランド・リトアニア王国国王にして、のちに、スウェーデン王も兼ねる。
ワルシャワ遷都した王ですから、ここにいるのでしょう。
カトリックの王は、プロテスタントとの争いに敗れ、スウェーデンを去る。
ワルシャワ王宮前に立つジグムント3世の柱上部のアップ
銅像の十字架は、カトリックの守護者としてのものか?
この国からは、ローマ教皇も出ましたしね。

この王、伊達政宗や、真田幸村とほぼ同世代。
スポンサーサイト