FC2ブログ
2019.09.18

ジェレズニチュニー鉄橋を行くチェコ国鉄列車

チェコの国鉄と言えば、白地に濃いブルーとライトブルーという車体の印象です。
これはこれで、結構好きなデザインなんですが、時々、赤と青というデザインの列車が走ります。
その列車が偶然に通ったので、何枚も撮った鉄橋の写真を再び撮る。
ジェレズニチュニー鉄橋を行く赤と青のチェコ国鉄車両
赤と青というのはキリスト教国に多い国旗カラー。
フランスのトリコロールはもちろん、オランダ、ルクセンブルク、ロシア、スロバキア、セルビアと結構あります。
アイスランドもノルウェーもそうですね。
そして、英国も。

だが、この赤と青のデザインは、なかなかバランスがむつかしい。
フランス代表のユニフォームなんかも、この3色を使いますが、明らかに、赤青白のバランスは違う。
同じだと、結構ダサくなってしまうからなんですね。
TGVもRERもフランスではこの3色を使ってますが、見事にバランス取れてます。

で、この国鉄の車体カラー。
完全に反対色の2つをデン!と使ってます。

でも、このカラー、なかなか見ないので、結構脳にベッタリ、ギッチリ刻まれるほど、残りますね。
そのうち、このダサいといっていたカラーリングが愛らしく思えてくる。
スポンサーサイト