FC2ブログ
2019.06.12

マルセイユの惨劇

長距離海岸散歩パン屋経由からマルセイユの旧港までやってきた。
ここからは、地下鉄で宿へ向かう。
以前来た時には、こんな屋根なんてなかったなぁと思って見上げると、鏡になっている。
マルセイユ旧港前にて
おもしろいので一枚。
そう思ってこの写真を撮ったのだが、まさにこの時悲劇が起きていた。

鏡に気をとられている最中、靴底目いっぱい、山のような”犬のふん”を踏んでいたのだ。
できたてに違いない。
靴についたなんてもんじゃない。
これ、絶対上に気をとられるのだから、確信犯じゃないか?
ふぅ~。

旧港波打ち際で、靴底だけを上手に水に浸しながら、めりこんだ”それ”を洗い落とす。
底だけを波に合わせて洗いつつ、靴の上は濡らさぬように・・・。

これだけの惨劇は、パリ街中で、糞で滑って転びそうになったところをリセエンヌ達に大笑いされて以来だと思う。
こういうことも旅の思い出だろうね、おそらく、何十年も忘れないだろうからね。
悲劇の方が、覚えているってもんだ。
スポンサーサイト