FC2ブログ
2019.05.07

中国東方航空でプラハへ行く

パリ行きではない。
今回はプラハ。
チェコへは何度か行っているのだが、日本から直接プラハを目指すのは初めて。
パリへも飛んでいる中国東方航空なので、その内容は、ほぼ一緒だろう。
飛行機の写真は、帰国時のプラハの空港にて。
中国東方航空 A330-200
中国のエアラインでは、この中国東方航空か、中国国際航空で行くことが多い。
それぞれ、上海乗り換えか、北京乗り換えになるが、とにかく、中国人の旅行者の増加は半端ない。
北京では、乗り継ぎ時に、地獄絵図のような人の波にもまれて荷物検査の列に並ばなければならない。
だが、もうすぐ、新しい空港ができるとのことで、これが解消されることを望みたい。

上海はどうなのか?
ここは、乗り継ぎ客と、上海から乗り込む客の荷物検査の列が別々のようで、乗り継ぎ時に、猛烈に並ぶことはなかった。
ドバイや、ドーハ、アブダビの方が並んだなぁという記憶があるから、結構スムーズだった。

中国国際航空で、行き北京、帰り上海の時には、係員に連れられて、いろいろ空港内を移動し、パスポートチェックも何度もあったのだが、今回は、中国東方航空で、行き帰り上海という通常ルートであったので、そういうこともなかった。
いたって、普通の乗り継ぎでした。
中国東方航空機内食 ゴープロ 広角
さて、機内食。
というか、ゴープロ。

前回、機内で、ゴープロが無くなってしまうという事故に遭遇し、撮ったはいいものの、写真を見ることはできなかった。
懲りずに、再び、ゴープロで機内食を撮ってみる。
前回は、HERO5だったが、今回購入したのは、HERO7。
パッと見は同じだが、機能や操作が変わっているのに、直前購入のため、機内食が初撮影となった。
すると、上のように、写真が、魚眼になっている!!
広角を選んだのに!
中国東方航空機内食 ゴープロ 魚眼無効 チェコバター
スマホにつなげておらず、その場で、撮った写真を確認できなかったので、宿についてから、魚眼レンズになっていることに気が付いた。
選べるのは、魚眼と広角だと思っていたら、魚眼無効と広角だったのだ。
広角を選んでいたので、魚眼になっていたわけだ。

帰国時は、魚眼無効で撮影してみる。
だが、ここでも、失敗。
写真が小さいので、ブログ上でははっきりわからないが、ピントが合わないのだ。
超広角のゴープロなので、ずいぶんと機内食に近づけて撮っているのだが、ピンボケだった。
食べ物にカメラが接触してしまうのではないかと思うほど近づけないと、ずいぶん周りが写ってしまう。
だが、あまりに近すぎて、ピンボケになってしまっていた。
撮影時の画面じゃ気が付かないんだけどね。

バターが、MASLOってなってますから、チェコ語。
プラハ便ならではでしょう。パンのゴマつきもチェコっぽい。
中国東方航空機内食 ゴープロ 魚眼無効 チェコジャム
続いての機内食もピンボケ。
ただ、ジャムがJahodaとチェコ語イチゴ。
中国東方航空機内食 ゴープロ 魚眼無効 日本へ
上海から成田への便の機内食もピンボケになってました。
機内食は、Goproじゃない方がいいかもしれないですね。

コンパクトデジカメの方が、撮りやすいのかもしれませんね。
スポンサーサイト