FC2ブログ
2019.05.31

Route de l'Épine エピーヌ道路の木々

モンサンミシェルの対岸、ジュネの競馬が今回の目的。
他に、めぐるところはないか?
おもしろそうなところは、そのモンサンミシェルの見える湾を眺めるシャンポーの崖。

そこには、宿をとった。

宿からどこへ向かうか?
エピーヌ道路の風景
近所に修道院がある。
Abbaye de La Lucerne。
リュセルヌ・ドゥトゥルメール修道院
このあたりの大修道院と言えば、モン・サン・ミシェルなわけだが、そこへは行かず、違うところへ出かけるのもおつだ。

そもそも、このバスノルマンディには、大修道院が多く、あちらこちら巡ってきているが、そこは行ってない。

バスで行くこともできるはずだが、何しろ、一度グランヴィルまで出て乗り換えだし、バス本数が少ないので、往復するのも大変。
どうせ大変なら、歩いてゆこう!

近所といっても、片道ざっくり10キロある。
往復すると、20キロを超えてくる。

まあ、行ってしまえ!

シャンポーの町から歩き始めた。
まるで、門のように並ぶ期の間をぬけ、長い道のりは始まった。

はたして、7月の炎天下、無事たどり着けるのだろうか?
スポンサーサイト
2019.05.30

ヴロツワフ ツムスキ橋 欄干 南京錠

こうした南京錠は、パリのポンデザールや、ケルンの橋でも見られますが、ここも、同様の意味がありそうです。
個人的には、永遠のロックされた南京錠のように、人生を全うする人が、南京錠を使わない人たちと比べて、どうなのか?
気になったりしますね。
でも、錠だから、鍵があれば外れるか・・・!
ヴロツワフ ツムスキ橋の南京錠
ポンデザールも、重さで危険で撤去とか、話題になりましたが、実際のところ、フランス人からは縁遠い行為のように思われます。
いやいや、付き合い始めたばかりなら、フランス人であっても、心は移ろいやすいもの・・・などとは言っていないのかもしれません。

さてさて、自分はどうでしょう?

ま、南京錠であれ、ただの会話であれ、二人で何かをするってのは、いいですね。
2019.05.29

メラーノ サン・ニコロ教会のステンドグラス

ブルーのステンドグラスがきれいだったので撮ってみたのだが、この絵が一体何を意味をするのだろうか?
横たわっている人がおそらく、聖人であろうか?
だとすると、ここは、サン・ニコロ教会だけに、これは、聖ニコラウスというか?
とすれば、聖ニコラウス=サンタクロースということになる。
メラーノ サン・ニコロ教会 ステンドグラス
子供の守護聖人でもあるそうだが、このステンドグラスからは、そうした逸話が伝わってくるわけではない。
この町の司教さんだろうか?
そんなところで、想像の世界は途絶える。

ブルーグラデーションがきれいだったので一枚。
2019.05.28

Masarykovo nábřeží マサリコヴォ・ナーブジェジーを行く新型トラムV黄

この通りも何枚撮りましたかね?
スミュール・アン・ノクソワの川沿いの通りもそうですが、川沿いの通りは、自分好みのようですね。
新型トラムの、黄色が目立つヴァージョンのやつがやってきました。
黄色じゃない新型のもあるんですよね、別にどっちでもいいって人の方が多そうですが・・・。
マサリコヴォ・ナーブジェジーを行く新型トラム イエローヘッドバージョン
この時も、この写真以外に、いったい何枚撮ったことか?
駅のホームで写真を撮るように、通りの写真を撮りまくる。
確かに、構図が似てる。
2019.05.27

Rue Montholon モントロン通りの風景

撮影している通りは、ラファイエット通りである。
右に見える奥のアイボリーな建物で突き当たっている短い通りがモントロン通り。
モントロン通り
特に何かがあるわけではないんですが、タバコや併設のカフェの雰囲気、街並みが、平凡で、でも、パリらしいどこにでもありそうな雑多な雰囲気で、何になんですかね?惹かれるものがあります。
”例えば”こういう風景が気に入っているからこそ、パリが好きなのかもしれません。
2019.05.24

スミュール・アン・ノクソワ Rue Chaude ショード通りの石造りの壁

この通りの雰囲気が大好きなので、何枚も写真を撮っているの。
ここは、石の形がゴツゴツとそのまま見える。
その石壁に鳥の巣の穴のようにボコボコ開いた窓がある。
そこが入口だよ!と言わぬばかりにバルが開く。
スミュール・アン・ノクソワ ショード通りの石造りの壁
こんな建物のミニチュア版を使って、窓から中をのぞき込んだり、郵便物を入れたり、なんだか、ままごとをしてみたくなるような家々なのだ。
2019.05.23

マルセイユ Rue de la Croix クロワ通り

港へ降りてゆく坂道のうちの一つ。
夕暮れ時、家路を急ぐ車列だろうか?
薄暗い坂道の向こうに、夕日が当たって映える港が印象的。
マルセイユ クロワ通り
マルセイユの旧港は、西に向かって口をあけているから、この写真で言えば、左から西日が差していることになる。
なにしろ、南仏とはいえども、充分日が長い。

緯度が北ではあるが、日本で言うと札幌ぐらい。
日の長さの理由は、標準時がずいぶん東のベルリンタイムと、サマータイム。
日本の感覚からは、2時間ぐらいは朝方向に時間がずれていると言えるからかもしれない。
夜9時でも明るいというのは、夜7時でも明るいという感じになるのかな。
2019.05.22

モンサンミシェル湾をめぐる自然歩道

フランスは、自然歩道がずいぶんと整備されている。
日本もそうなのかもしれないが、なかなかそうした場所へ出かけて行かないので、よく知らない。
東海自然歩道というものは聞いたこともあるし、おそらく、なんどか、歩いたこともあるはずだが、せいぜいその程度の知識。
シャンポーの崖を降りる遊歩道
上の写真は、サン・ジャン・ル・トマからシャンポーへ抜けるミモザ通り脇へ入ってゆく自然歩道。
Sentierというのは、登山道や小道などを言うそうだが、この場合、自然歩道というべきだろう。
pédestreというのは、歩行者のといういみらしいから、まず間違いない。
ここの崖下りは、きれいに整備されていて降りやすそうだったが、ついぞ、この道を下らずに帰国してしまった。
モンサンミシェル湾の自然歩道道しるべ
こちらは、先ほどの下りとわずかに離れた場所にある自然歩道の道標。
Cabane Voban(ヴォーバン小屋)まで3.6キロ50分となっている。
おそらく、このサン・ジャン・ル・トマとシャンポーの境から3.6キロ50分とすると、Carolキャロルのヴォーバン小屋このことであろう。

そういえば、以前、キャロルのヴォーヴァン小屋近くの森の中で、フランスのおばちゃんに出会った。
彼女は、集団からはぐれて、道に迷っていたのだが、その後、無事に二人してヴォーヴァン小屋に到着。
そのおばちゃんたちも、その後、ここを通過していったんだろうなぁなどと思いつつ・・・。
2019.05.21

ツムスキ橋からみるレンガの建物

橋の向こうには、目指す先の2本の尖塔が見える。
手前も、中も、奥もレンガ色の建物が並ぶ。
ヴロツワフ ツムスキ橋からカテドラル方向を望む
2本の尖塔はレンガの色が違うが、おそらく、完全な新品と、旧レンガを使っての再建部分の違いなのだろう。
こういうレンガの建物が並ぶと、ノスタルジックだからなのか?
再建部分があることも、かえって、ノスタルジーを想起させるのかもしれません。
そこへ向かうことがワクワクしますね。
2019.05.20

ミラノ ブレラ地区ぶらぶら歩き サン・カルポフォロ通り

メルカート通りを中心部に向かって歩いていると、左側に路地があった。
雰囲気のある通りで、適当なところまで歩いて行って、写真を一枚。
サン・カルポフォロ通り
このまま、ズンズンと歩いてゆき、ぶらぶら歩きは続く。
バスの中から、ガイドさんが、ブレラ地区はお店とかがいいわよ!と言っていたが、たしかに、雰囲気のあるゾーンらしい。
2019.05.17

ジェレズニチュニー鉄橋側道

橋に歩道が付属しているといっても、ドイツ・ケルンの鉄橋のようではなく、ほんとうに、付属品。
でも、こうした橋は本当に便利で、日本の鉄道橋にも、こういう橋ができると、生活者にとっても、ウォーカーにとっても、いいことだらけなんですけどね。
ジェレズニチュニー鉄橋側道
この写真を撮ってから、鉄橋を渡る鉄道も一緒に写そうと。
ところが、鉄道の写真を撮ることに気を撮られると、どうも画面の中心が左に寄ってしまうようで、どうも構図がよろしくない。
列車にピント合わせよう!橋も撮ろう!などという二兎を追う根性が、結局中途半端に終わる。

かくして、列車のない写真が一番まともであった。
列車の通過の瞬間、ぶれずに橋の写真だけを撮る勇気と根性と度量があれば、いいんだろうけれど・・・。
2019.05.16

マルセル・ブルースタン・ブランシェ公園

サクレクール寺院の裏手に公園があった。
丘の北側を下っていき始めるあたり。
観光地の間近ではあるが、地元の人が多い印象。
マルセル・ブルースタン・ブランシェ公園からモノクロサクレクール
周りの雰囲気が、騒がしい感じではないからか?
落ち着いた印象のサクレクール寺院が眺められる。

2019.05.14

スミュール・アン・ノクソワ 水景

定番写真の撮れる場所から、その中にある一般民家だけを入れて。
緑のグラデーションが、夏に向かう感じでいいですね。
スミュール・アン・ノクソワ 水景
こういう、岩と川に挟まれた場所でも、ケーブル、電話線、テレビ電波等々、水道、ガス、電気・・・インフラが整ってゆくのでしょうから、全地球規模で行われていると思うと、なかなか、すごいですね。
そういうことの上に、こういう風光明媚な場所に便利な生活が成り立ってゆく。
こんなところで暮らせるのもいいなと思うたび、インフラ整備って果てしないなぁとも思うわけです。
2019.05.13

サン・ヴィクトール修道院内部へ

サント・マリードゥラ・メールに聖サラの黒い聖母像があるという。
そこに、マグダラのマリアらがたどり着いたという伝説もある。

マルセイユにも、マグダラのマリアがたどり着いたという話を本で読んだ。
この教会に、黒い聖母があるらしい。
そいつは知らなかったが、そうであれば、ここが、その古いマルセイユの教会なのだろう。
本で読んだ教会の位置関係も、ほぼこのあたりだった記憶があるから、まず間違いなさそうだ。
サン・ヴィクトール修道院内部
この日、この教会の奥には、コンサートが行われる準備がされてました。
次行ったときには、その黒い聖母像をみにいかなきゃね。
2019.05.10

サン・ジャン・ル・トマ ミモザ通りを登る

サン・ジャン・ル・トマの海岸での昼飯を終え、お店で、食品仕入れて、シャンポーのホテルへ向かって帰ることに。
もっとも、近いはずの坂道を通って、上ってゆくことにした。
サン・ジャン・ル・トマ ミモザ通り 坂下
名前がミモザ通りであったので、春先には、このあたりに、黄色の花が咲くのかどうか?
ミモザの木は、黄色い花をつけていないと判別できないため、自分には想像することはできない。
サン・ジャン・ル・トマ ミモザ通り 中腹
木々に覆われた中を抜けると、サン・ジャン・ル・トマの町は終わり。
そこから、シャンポーということになるのかな?
サン・ジャン・ル・トマ ミモザ通り 丘上
この終わりに、左の崖を降りてゆく自然歩道があるようでしたが、ヴォーヴァンの小屋を探すときに、これらの自然道をあることにして、ホテルへ向かう。
2019.05.09

Most Młyński ムウィンスキー橋を渡るトラム

ツムスキ橋を渡っていると、向こうに見えるムウィンスキー橋を渡ってゆくトラムが見えた。
慌ててカメラを向けると、なんとか、通り過ぎる前にとらえることができた。
ヴロツワフ ムウィンスキー橋を渡るトラム
川の向こうは、新しい建物が多いようですが、隣り合う建物の隙間がないところ窓が壁面に並ぶ姿は、欧州らしい。
2019.05.08

メラーノ サン・ニコロ教会の中へ

イタリアの教会の天井は、シンプルな感じが多いような気がします。
ただ、ここはチロルであって、イタリアのその他と同列にみるのはどうかという気もします。
ミラノの教会にしかイタリアで入っていませんが、柱も含めて、こちらの方がシンプル。
メラーノ サン・ニコロ教会 内部
レンガ色の石がすくないことも、そういう雰囲気にさせているのでしょうし、奥の祭壇部分もシンプルな気がします。
いつも横向きで撮るのですが、今回は縦でも撮ってみました。
2019.05.07

中国東方航空でプラハへ行く

パリ行きではない。
今回はプラハ。
チェコへは何度か行っているのだが、日本から直接プラハを目指すのは初めて。
パリへも飛んでいる中国東方航空なので、その内容は、ほぼ一緒だろう。
飛行機の写真は、帰国時のプラハの空港にて。
中国東方航空 A330-200
中国のエアラインでは、この中国東方航空か、中国国際航空で行くことが多い。
それぞれ、上海乗り換えか、北京乗り換えになるが、とにかく、中国人の旅行者の増加は半端ない。
北京では、乗り継ぎ時に、地獄絵図のような人の波にもまれて荷物検査の列に並ばなければならない。
だが、もうすぐ、新しい空港ができるとのことで、これが解消されることを望みたい。

上海はどうなのか?
ここは、乗り継ぎ客と、上海から乗り込む客の荷物検査の列が別々のようで、乗り継ぎ時に、猛烈に並ぶことはなかった。
ドバイや、ドーハ、アブダビの方が並んだなぁという記憶があるから、結構スムーズだった。

中国国際航空で、行き北京、帰り上海の時には、係員に連れられて、いろいろ空港内を移動し、パスポートチェックも何度もあったのだが、今回は、中国東方航空で、行き帰り上海という通常ルートであったので、そういうこともなかった。
いたって、普通の乗り継ぎでした。
中国東方航空機内食 ゴープロ 広角
さて、機内食。
というか、ゴープロ。

前回、機内で、ゴープロが無くなってしまうという事故に遭遇し、撮ったはいいものの、写真を見ることはできなかった。
懲りずに、再び、ゴープロで機内食を撮ってみる。
前回は、HERO5だったが、今回購入したのは、HERO7。
パッと見は同じだが、機能や操作が変わっているのに、直前購入のため、機内食が初撮影となった。
すると、上のように、写真が、魚眼になっている!!
広角を選んだのに!
中国東方航空機内食 ゴープロ 魚眼無効 チェコバター
スマホにつなげておらず、その場で、撮った写真を確認できなかったので、宿についてから、魚眼レンズになっていることに気が付いた。
選べるのは、魚眼と広角だと思っていたら、魚眼無効と広角だったのだ。
広角を選んでいたので、魚眼になっていたわけだ。

帰国時は、魚眼無効で撮影してみる。
だが、ここでも、失敗。
写真が小さいので、ブログ上でははっきりわからないが、ピントが合わないのだ。
超広角のゴープロなので、ずいぶんと機内食に近づけて撮っているのだが、ピンボケだった。
食べ物にカメラが接触してしまうのではないかと思うほど近づけないと、ずいぶん周りが写ってしまう。
だが、あまりに近すぎて、ピンボケになってしまっていた。
撮影時の画面じゃ気が付かないんだけどね。

バターが、MASLOってなってますから、チェコ語。
プラハ便ならではでしょう。パンのゴマつきもチェコっぽい。
中国東方航空機内食 ゴープロ 魚眼無効 チェコジャム
続いての機内食もピンボケ。
ただ、ジャムがJahodaとチェコ語イチゴ。
中国東方航空機内食 ゴープロ 魚眼無効 日本へ
上海から成田への便の機内食もピンボケになってました。
機内食は、Goproじゃない方がいいかもしれないですね。

コンパクトデジカメの方が、撮りやすいのかもしれませんね。