FC2ブログ
2019.03.08

マサリコヴォ・ナープジェジー 国民劇場前を行く新型トラム

プラハの国民劇場は19世紀後半にできたそうであるが、19世紀後半と言えば、ウィーンのオペラ座も、パリのオペラ座も、同じような時期にできている。
ミラノのスカラ座は、さらに一つ歴史が古いが、大きな娯楽として、こうした施設ができたんですね。
昔は、円形闘技場だったのであろうし、今なら4年に1度のペースで、オリンピックスタジアムができている。
プラハ 国民劇場
トラムを手前に大きく写しても、奥の劇場の重厚感は、何ら減ることもない。
新しい時代になっても、ずーっと先まで残っていくような建物ができてほしいですね。
老朽化で取り壊しばかりじゃ、その時代を生きたものとして、ちょっと寂しいかも。
スポンサーサイト