FC2ブログ
2019.02.22

マルセイユ旧港一望 デジタル一眼時代にもう一度

以前やってきたときも、カメラは持っていたのですが、当時は、まだデジタル一眼レフが出現する前だったと思います。
EOS5という一眼レフで写真を撮っていましたが、300㎜のレンズは持っていたはず。

今回も、300㎜までのズームレンズを持っていたのですが、この写真は、480㎜で撮れてます。
たいてい、僕らが買うような入門や中級クラスのカメラは、APS-Cといって、つけたレンズの焦点距離が、1・6倍になるからです。
昔から使っていたレンズは使えるのですが、より遠くまで撮れるということなんですね。
その結果、当時は撮れなかったような写真が撮れる。
マルセイユ旧港望遠一望
ところが、これが、広角になると、超広角レンズが1・6倍されてしまい、超ではない普通の広角になってしまうという、逆効果もあるんですね。

まあ、残念なことに、その当時のレンズを初めて買ったカメラにつけて使ってましたが、そのカメラとレンズたちも、次買ったカメラとレンズたちも、盗られちゃったんですけどね。
盗られたことで、新しく買ったレンズは、超広角が撮れるように改良されたものが出てました。
それすら一度盗られちゃったのですがね。

“せっかく”?盗られちゃったので、次は、もっと、望遠のズームレンズを手に入れてみましょうかね?
あっ、2度目の盗難は、広角レンズは失わずに済みましたので。
動画撮るアクションカメラは持ってかれましたが。

それにしても、マルセイユの港から、奥へ奥へ行くと、どんどんと丘になっていることが、写真でもわかりますね。
スポンサーサイト