FC2ブログ
2019.01.29

チロルって 火薬塔から

チロルっていえば、なんだか民族衣装ディアンドルとか、山小屋にチーズにミルクに、羊に牛に・・・。
スイスもそんなイメージだが、チロルはオーストリア。
漠然とそんな風に思っていた。
少なくとも、太陽が燦燦と降り注ぐイタリアのイメージではなかった。
メラーノ
こうして写真を撮って、かわいらしい建物を見ると、ま、これがチロルらしいかどうかは置いておいて、イタリア、チロルってなんだ?となる。
どうやら、チロルは、北から3層に分かれ、一番北はオーストリアのチロル州で、真ん中の層は、ここ南チロルと、オーストリア東チロル。そして、さらに、この南のトレンティーノもチロルの最南層なのである。
エリア的には、イタリア部分が随分と広い。
イタリアとオーストリアの歴史的係争地なんですね。

たしかに、チロル全体の、ど真ん中にメラーノがある。
ここにチロル城があるのは、そう考えると、納得がいく。

アルザスとか、バスクとか、ズデーデンとか、シレジアとか、チロルとか、日本的感覚だと、国単位で線引きしたくなるけれど、地続きの欧州では、そう簡単なわけじゃないんですね。
スポンサーサイト