FC2ブログ
2018.10.31

プリペイドsim FREEを使ってみる

写真は、グランヴィルだったか、その手前だったか?
ともあれ、朝いちばんに、マドレーヌ寺院付近のFREEのお店へ行って、プリペイドsimの手続きをしてきた。
自販機で買うのであるが、これは、あっという間。

モンパルナス3ヴォージラール駅に到着して、グランヴィル行きの列車案内を待つ間に、立ちながら、スマホにsimを差す。
電源入れてスタート。
自分のは、2枚させるASUSのスマホだったから、起動すると、sim2を選択してスタート。
グランヴィル
さて、その使い心地。
今回は、ほぼ地方旅行だけという5日間ほどだったが、1か月のコースを選び、使いまくってやろうと思ったわけだ。
であるが、残念ながら、そう甘くはなかった。

列車に乗っている間も、駅に到着したり、町を通っている間は、なんとかアンテナが立っているものの、車窓に、のどかな田園のみが写る場合、携帯ものどかに休憩中でした。
日本のスマホのアンテナの品質云々がいいというのは、こういうところなのだろう。
ま、すべての電話会社知ったわけじゃないですけど。

海外に行って最初に入れたプリペイドsim。
わずか、1時間ほどで、その品質を知ることになった。
ま、乗っている路線にもよるでしょうけどね。
ここは、TGVも走らないローカル線ですから。

でも、結果、使えない!じゃなくて、ま、これでいいかな、という感想に。
脇に、牛が寝そべるような田舎道でも、GPSはほとんど追従してくれたので、道を心配することなく、往復20キロ踏破できたし、”あり”ということでいいんでしょう。
ネットラジオをガンガン聞きながら、優雅に田舎道というほどの通信はできませんでしたが・・。
スポンサーサイト