FC2ブログ
2018.09.30

おいしい残念な私とポンチュキ

クラクフに到着。
空港から市内へ向かう駅には、係員さんがいて、今なら電車は40分待ち、バスなら、もうすぐ発車するわと教えてくれる。
ということでバスにて市内へ。
いやいや、電車本数少なすぎだろう!!

宿の旅行会社へ赴き、アパートの鍵を借りる。
そのまま、アパートへ自身で行く。
少々迷いつつ到着した宿で、2種類の鍵を使い、部屋へたどり着く。

ふぅ。
慣れぬ英語の会話は疲れる。
何語であってもね、疲れますね。
だけど、ちょっとだけ楽しい時も。

そういや、前回も、一人でアパートに入ることになったが、この国は、”セルフ”度が高い気がしますね。
ポンチュキ
翌日のアウシュビッツへのバスチケットを買いに、再び駅へ向かう。
と、パン屋がある。
ショーケースには、ワルシャワでは、あまり見なかった、おしゃれなポンチュキが並ぶ。
で、2個購入。

一個目は、包み紙を撮ると、せっかくの美しいお顔が、残念なことに。
箱じゃないとこうなっちゃうでしょうねぇ。
仕方なし。

もう一つのカスタードクリームのは、バス切符購入後に食す。
食べ終わると、中の濃いたっぷりカスタードクリームが、両脚のジーンズの上に、ごっそりと垂れていた。
残念すぎるジーンズと日本オヤジ。
スポンサーサイト
2018.09.29

ルフトハンザ航空でパリからクラクフへ

パリでの週末競馬の合間、平日クラクフへ小旅行。
ルフトハンザ航空でフランクフルト乗り換え。
パリから、ルフトハンザ航空で日本に帰る場合も、同じ路線に乗ることになるのだろう。
1時間強で、フランクフルトについてしまうのだが、機内食は出る。
大きなクッキーと飲み物だった。
ルフトハンザ航空
フランクフルトから、クラクフも、似たような時間で到着するのだが、今度はサンドイッチ。
これがドイツのパンなのかどうか?はわからないのだが、ルフトハンザ航空で出てくる、ちょっとしたパンは、結構お気に入りなのだ。
まあ、ドイツという国は、食べ物も、街も、すべてが、整然、シンプル、というイメージですね。
2018.09.28

Boulangerie Utopie ユートピー

おいしいというので、パンを買いに行ったユートピー。
人気だからなのか、夕方前に行くと、もう、ほとんどパンがない。
昼でも夜でもない時間というのがよくなかったか?
パリのパン屋
結局、ホットドッグとキッシュを買ったものの、お目当ての、ヴィエノワズリー系には会えずじまい。
ホットドッグも、キッシュもおいしいのだが、これが目当てじゃないよね、ということで、次回訪問までの楽しみとしておこう。
2018.09.27

ベトナム航空でパリへ行く24 ハノイからパリ

ハノイを出発するのは夜中。
12時前である。
東南アジアの多くは、この時間帯に出発し、朝、パリに到着する。
香港当たりだと、北回りになるのだが、ハノイからは、南回り。
東京広島間ほどの距離の差で、北か南かになるのだ。
ベトナム航空
徹底して、機内食は、ベトナム系。
ハノイから、パリまでは、スリッパもついてくる。
これが結構重要で、機内で足を休めたいから、スリッパを持ってゆくのだが、その数に影響するのだ。
ベトナム航空
パリ便の機内には、結構日本の方も散見される。
やはり、羽田便ができたことによる、空港の場所と、乗り継ぎしやすい時間設定は、相当影響あると思われます。
2018.09.26

ベトナム航空でパリへ行く23 ノイバイ航空にて

ノイバイ空港についてびっくり。
随分と変わってしまった。
そう思ったら、新しいターミナルになっていたのだ。
旧ターミナルはまだ使っていて、こちらは、前回利用した直後から、運用が始まっているようでした。
ということは、もう4年ぐらいたつわけですね。
ハノイ・ノイバイ空港
長時間乗り換えの入国なんかができるのかどうか?わかりませんが、とりあえず、乗り継ぎます。
乗り継いだら、楽しみにしていた、フォーを食べます。
なんだか、この空港のお店の並び具合を見ると、上海を思い出しますね。
それぐらい、似ている気がします。
ハノイ・ノイバイ空港
フォーを満喫しつつ、コーヒーも。
ココア風味のコーヒーは、ベトナムコーヒーってやつなんでしょうな。

値段はドルになっていて、なんだか、日本にいるような金額設定ですが、まあ、こういう場所だけに仕方なし。
カード使えますから、ドルも、ドンも不要ではありますが。
2018.09.25

ベトナム航空でパリへ行く22

4年ぶりのベトナム航空である。
4年前は、羽田発がはじまったころ。
そのころに比べると、ベトナム自体も、さらに人気が出たろうし、羽田という利便性と、ハノイの乗り継ぎしやすさも手伝って、日本の人の認知度は高くなっているようだ。
ベトナム航空
このブルーの色がいいですね。
エアバスA350で、ハノイまでも、パリまでも、飛んでゆきます。
ベトナム航空
機内食は、もう、乗った時から、ベトナム気分でスタート。
ベトナム航空
まずは、ハノイでの、久々のフォーを楽しみに、フライト満喫。
ただ、フィリピン付近には、台風接近。
どうなるのかと思ったのですが、上海から、中国上空を飛び、広州付近を抜けてハノイへ。
こんな、コースだったかな?
とも思いつつ、台風避けたのかな?とも思いつつ、ハノイへ向かいます。
2018.09.15

スミュール・アン・ノクソワ Rue Chaude ショード通りを行く

ま、同じよな風景を見ながら、同じ通りを歩いていくわけですが、わずかな違いを見つけては、シャッターを切ってゆきます。
同じような写真が増えても、まあ、気に入った写真が撮れればそれでよく、散歩の楽しみの一つでもありますね。
スミュール・アン・ノクソワ
ショード通りもあの橋で終わり。
川面が見え、塔が見えるこのあたりも、どうぞござんなれ!の定番風景のよう。
だが、どうも、この町の定番は、もちょっと先へ行って逆方向を撮る角度が多いようだ。
そこへ向かって、ゆらゆらと。
2018.09.14

モーリス・ユトリロ通り

パリにあこがれるきっかけの一人であるユトリロ。
個人的には、最も好きな画家である。
モンマルトルの風景といえば、この画家と言える代名詞的な存在。
その、彼の名を冠する階段通りがある。
丘の東の坂道と頂上をつなぐ階段である。
パリの道
通りの写真というかね、通り名のユトリロの文字が欲しくて撮ってるわけですね。
2018.09.13

ケネディ通りからレスタックを望む

海岸沿いの道から、急に街中へ飛び込んだ感じのケネディ通りは、再び海を目にすることになる。
ラビリンス的カーブである先の見えない道は、先が開けた瞬間に、幸せ感に包まれる。
マルセイユ
再び現れた海の向こうは、マルセイユのレスタック地区。
多くの有名画家が題材とした場所である。

逆方向へ行く、観光バスがやってきた。
こちらへ行くということは、景勝地カランクへでも向かうのかな?
2018.09.12

ヴロツワフ コトラルスカ通りにて

旧市街広場北、レストランエリアの路地。
壁に貼られたポスター等々、少しノスタルジックな空気の漂う路地裏に、ノスタルジックな絵があった。
ヴロツワフ
パリでも見かけるような、少し、影も感じる女性の絵。
それだけじゃなくて、タイムぽ間シリーズのように、お連れ様も二人いる。
よく見ると、箪笥の上にもう一人ね。

2018.09.11

サンタンブロージョ教会 祭壇付近にて

奥に、黄金の箱がある。
この中に聖遺物が入っているのかどうか?
祭壇なのであろう。
その奥には、天井画。
地下らしきものは、きっとクリプトだろう。
ここは、聖アンプロージョ教会なのだから、聖アンプロジウスが、そこにいらっしゃるのかもしれない。
ミラノ
少し遠めから、望遠でのぞくと、絵の全体像はわかる。
ミラノ
さらに近くまで行ってみると、随分とキレイだが、モザイクなのか、フレスコ画なのか?
画には、ICXCORACHという文字が書かれているのだが、ネットで検索すると、この絵が出てくる。
中央は、きっとキリストなのであろうと思うのだが、そこから詳しくはわからない。
ミラノ
サンタンプロージョというのはイタリア語であろう。
おそらく、フランス語の、サンタンブロワーズなんでしょうね。
パリ11区に、その名の駅と教会が、ありますし、わずかな期間、そこにいたこともあるので、えにしを感じますね。
2018.09.10

Národní ナーロドニー通りから、ヴルタヴァ川の向こうの紅葉を

国民劇場の目の前の停留所が見える位置に来た。
国民劇場前のトラムと、その先の橋、そして丘の紅葉まで、一直線に見える。
プラハ
橋は、そこにあることを、頭の中の地図で分かっているからなのだが、知らなければ、橋どころか、川の存在も築かないほど、道は平坦に真っすぐ伸びている世に見える。
そういえば、こんな街灯がずっと続いているわけだけど、夜になると、この平凡なようで、ちょっと変わった道への覆いかぶさり方が、雰囲気ある夜を演出してくれるに違いない。
2018.09.09

植物園から覗くクータンス大聖堂

植物園を後にして、そろそろ駅へと入口までやってくると、木々の間から、植物園の建物越しに大聖堂の尖塔が。
クータンス
プラハの旧市街広場にあるティーン教会も、尖塔の周りにある、小尖塔が印象的なのですが、ここは、これでもかってくらい、子供の尖塔が親の周りと取り囲んでます。
2018.09.07

スミュール・アン・ノクソワ Rue Chaude ショード通り 家並み

坂の途中で出会った、ショード通りに、再び合流した。
ショード通りはここから川沿いを行く。
雰囲気のいい道の、赤い花と緑とともに、一枚。
スミュール・アン・ノクソワ
バルが一杯見えています。
そういわれてみれば、日本は、引き戸が多いですね。
扉も、襖も、障子も、窓も、雨戸も。
壁からわずかに飛び出たバルではなく、雨戸用の、戸袋は、日本らしい風景ですね。
2018.09.06

Rue Feutrier フトリエ通りからモーリス・ユトリロ通りの階段を望む

ぐるりと回って、通りの向こうが現れる。
緑がまぶしい。
モーリス・ユトリロ通りの階段も見える。
苦しい曲がった狭い通りから、一気に解放される瞬間だ。
パリの道
通り脇のレストランから、国旗がのぞく。
イタリア国旗に見えるが、おそらくブルーだったと思う。
色変えたとか、真似たとか話のある両国国旗は、たしかに、似てる。
2018.09.05

マルセイユのスーパーカジノ

フランスのスーパーと言えば、モノプリが有名だ。
なぜなら、パリの観光局近くの、ピラミッド駅近くにあり、また、その界隈は、日本関連店舗も多いからでもあろう。
だが、フランスの最大手といえば、確か、カルフールではなく、カジノグループだったと思う。
まあ、そんな話が、昔、フランス語学校の授業で会ったような気もする。
”モノプリ”じゃないよ、と。
フランスのスーパー カジノ
さて、カジノ。
特に南フランスでは、はばをきかせている感じもする。
ここのカラーは、緑に赤文字。
だが、ここのスーパーは、茶と白のコントラスト。

イメチェンは、時々あるスーパーのロゴであるが、これは、”ここ”のご当地カラー?
珍しくて、スーパー外観写真コレクションのひとつ?として。
2018.09.04

ヴロツワフの広告

なんどもなんどもポスターが貼られた跡があり、剥がされた痕に最新のポスターが貼られている。
こうした広告は、結構有効なんでしょうね。
パリのメトロ駅や、街中の柱状広告。
日本の中吊り広告も、デジタル部分は増えましたが、形態は同じ。
ヴロツワフ
一方的に情報を与えてもらえる時代から、自分の好きなものを探す時代へ。
でも、どうなんですかね?
どちらかだけというのは・・・。

与えられることの楽さ、自分の目の届く範囲と、発想力の限界を考えると、こうしたものもないと、なかなか新しい世界への扉は見つからない。
こんな広告も、人との対話の一部なんですね。

僕の場合、ポーランドの広告では、対話できはしませんが、壁の雰囲気を楽しみことはできます。
2018.09.03

メラーノ 林間コース山下り

歩いて登ってこその高さ実感ですが、今回は、リフトで登りましたので、帰りは徒歩で下ります。
整備された道ですし、緑の中を気持ちよく、滑るように下ってゆきます。
メラーノ
最上部までは、車でも行けるようになっていて、下りの最初は、その道路を歩き、途中から、左折してここへ。

以前は、スキーで、頻繁に乗ったリフトですが、もうずいぶんと久しぶりになりました。
街からすぐのここが、スキー場になるのかどうか知りませんが、もしそうなら、ここは、林間コースというやつですね。
2018.09.01

Neklanova ネクラノヴァ通りのアールデコ

急坂の交差点に突き出すような角を見せる建物がある。
周りの他店のに溶け込んでいるようだが、そのぼこぼこ感が、少々異質。
プラハ
アールヌーヴォーとは反対の装飾の少ない直線的なデザインだが、建物全体の雰囲気は装飾でおおわれているといった感じだ。
プラハ
階と階の間の壁は、まるでサングラスをかけた人の顔か、こうもりにも見える。
プラハ
建物全体に合わせた、黄色の扉の装飾も、ちょっとかわいらしい感じがしますね。
倉庫扉と門扉、偶然かもしれませんが、お店の看板も黄色。
通り向かいの木の花まで、黄色で統一されてます。