FC2ブログ
2018.07.10

ノルマンディ・バスの旅

フランスの地方は、鉄道と同じぐらいに、バス便が使える。
鉄道路線を補うように走っている。

そのバスに、グランヴィルから乗り込む。
すると、運転手さんから一言。

スーツケースはちょっとね。
まあ、今は、すいているからいいけど。
と。

確かに、観光客用というわけでもなく、車に乗らない、子供たちやお年寄りの足になっている。
しかも、バスのスタイルは、観光バスみたいだから、スーツケースを立てておくようなスペースはない。
グランヴィル駅
そんなことを、宿の女将さんに言うと、
”そんなの大丈夫なはずよ!”と。

”普段は子供が多いんじゃないの?”と聞く。

”確かに。でも、来週から学校休みだから”との答え。
なにかあったら、遠慮しないで、電話しなさい。送って行ってあげるからと侠気を見せてくれる。
そのあたり、侠気スイッチの入った、フランス人らしい雰囲気だ。

バス空いてますようにと、願いつつ、寝床に入る。

はたして、乗客は、少なく、ふぅ!
無事にグランヴィル駅到着。
スポンサーサイト