FC2ブログ
2018.05.31

Rue Rodier ロディエ通り

アンヴェール広場からサクレクールが見えるのだが、それを背に、9区の坂を下ってゆく。
ロディエ通りを下り始めると、つい先ほどとは、全く違うモニュメントが目に飛び込んでくる。
パリの道
モンパルナスタワーが、通りの向こうをふさぐようにそびえている。
脇に立つプルマンホテルも見える。
パリの道
通りを拡大して撮ってみると、実はこの通りも、ホテルが多いようだ。
車の屋根、パリの家々の屋根。
その先に、敢然と建つ一本指。
あのビルができたことで、この通り、風景変わったんでしょうねぇ。
でも、モンパルナスタワーが印象的に見える通りの指折りであることは間違いなさそうだ。
縦横無尽に走る通りと、起伏と、モニュメントの数々が、こうした風景を無数に生んでいるパリ。
スポンサーサイト
2018.05.30

クータンスの空

クータンスの大聖堂脇から、尖塔を撮る。
クータンスと言えば、とんがった塔というイメージでここへやってきた。
こういう風景を見て撮るためだといってもいい。
クータンス
まるで、お城ですね。
まぶしいほど白く輝く塔。
ここは、ノルマンディだけに、白さは再建の証ですかね。
増築、改築、再建を繰り返して、人々が立ち上がる歴史は紡がれていきますね。
2018.05.29

スミュール・アン・ノクソワ旧市街 Rue du Renaudot ルノド通り

夕方散歩も終わりに近づく。
薄暗い 夜。
もう、寝る人も現れる時間帯だが、まだ、明るい。
スミュール・アン・ノクソワ
皿を重ねる音、コーヒーに談笑そんな音が、窓から漏れてくるような気配。
静かな、薄暗い夜が更けてゆく。
古いときから、ずっと変わらない風景と時間。
2018.05.28

マルセイユの海

マルセイユで歩きたいところは多いのだけど、今回は、競馬場に来たときに、この海沿いはいいなと感じたので、ぶらぶらと、海沿いをあるくことにしてみた。
歩き出すと、ごらんのとおり、地中海らしいですね。
北の海には思えません。
マルセイユ
海に浮かぶような灯台のようなものは、標識ですかね?
あれの、右側通行、左側通行みたいなものがきっとあるんでしょう。
港ですから、多くの船が行きかいますからね。

海の向こうの陸地もマルセイユ。
湾になってますので。
2018.05.27

ヴロツワフ コウウォンタヤ通り

駅から、北上して、旧市街を目指す。
奥に教会がデン!と立っているのが見える。
尖塔があるから教会らしいのだが、オレンジ色の屋根は、一般の家を巨大に視野ような雰囲気で、巨人の家の屋ねようにも見える。
ヴロツワフ
通りを歩いていると、国旗を付けたバッグを背負う、学生旅行らしい韓国の人や、ドイツ語話しているんだろうなと思われる、バインダー片手の女性たち、中国の団体さん。

外国人率がとても高い気もするが、さすがに、駅と旧市街の間ですからね。
もっとも、地元の人は、車移動かもしれません。
2018.05.26

Via Piave ピアーヴェ通りからのチロルの稜線

ピアーヴェ通りの写真は撮ったし、すでに載せた。
翌日、再び、町の中心へ向かうのだが、交差点にあったスーパーから出ると、山の稜線がきれい。
道端のコンクリートの塀の上に乗って、一枚撮った。
メラーノ
暗いときに見える目の前の大きな山の稜線は、ちょっと怖い。
なんだか、悪いことをしているところを見られているような、そういう怖さがある。
覆いかぶさってきそうな、黒い闇の魔王のような・・・。
厳なる神。

昼間は、自然の美しい山。
なんだか、くっきり見える稜線に、自分の心もスーッと伸びてゆくように心地よい。
こちらは、美神。
2018.05.25

プラハ ヴィシュフラッドへ

曜日によって、運行経路が違うのか?
手に入れた、トラム路線図が古いのか?
まあ、大体はわかるけど、少々不安の残るトラム乗車ではあるが、市南にある、ヴィシュフラッドの丘へ散歩に出かける。
プラハ
到着したトラムの周りの風景は、ごらんのとおり、建物が遠い。
通りいっぱいまで、壁のように立ち並ぶ、欧州都市部の風景と違って、緩やかでのんびりしてますね。
2018.05.24

Square d'Anvers アンヴェール公園

アパルトマンの上から、サクレクールのとんがり屋根が生えている。
パリ9区で、先週紹介の通りと、ほぼ同じ位置。
ただ、サクレクールの全体像が見えない。
パリの道
全体が見えないのであれば、思い切って見えないサクレクールを撮る。
パリの道
ずっと、後方から公園越しにとると、屋根だけよりも、全体像よりも、ニョキニョキ感が増す。
パリの道
起伏が激しい街なので、それぞれの頂点にあるモニュメントは、借景になりやすいですね。
パリのどこにいても、ちょっと行けば、何かが見えているってわけですね。
そういう風景を探すのも、散歩の楽しみ。
2018.05.23

クータンス Rue du Perthuis Trouard ペルテュイ・トゥアール通りから

大聖堂脇に伸びる道の向こうに、家々が重なり、教会が見えている。
サン・二コラ教会の鐘楼である。
クータンス
とんがり屋根を見に来たわけだけど、平ためのとんがり屋根のあるロマネスクとも違うドーム状の屋根は、ちょっと、新鮮でした。
2018.05.22

スミュール・アン・ノクソワ 抜け穴

橋を渡る。
渡ってますという話ではなく
前方に見えてきた塔の脇にある四角い穴である。
そこから、町の中へと入って行ける。
スミュール・アン・ノクソワ
こうした穴は、防御上、どうなっているのだろうか?
元々あったものなのか?
便利で後からぶち抜いたものなのか?

おそらくは、もともとあり、鉄格子などで、閉めきることができたのだろう。
とにかく、階段は急で、狭い。
兵が上るには、しんどいし、上から攻撃するほうが、よほどたやすい。

野太い鉄格子で閉めれば、そう簡単には破られまい。
塔の上からも攻撃できるしね。

さて、兵になった気持ちで、あそこから登ってみよう。
2018.05.21

マルセイユボレリ競馬場の風景

競馬場の脇には、海岸を走る一般道が走っている。
この道でバスも降りる。
町と、競馬場の垣根の低さが、この国での競馬の存在位置を表しているようだ。
マルセイユボレリ競馬場
残念と言えば、競馬場のスタンドは、海を背にしている。
そのため、スタンドからは、山が見える。
石灰質の白い岩肌が見えると、ああ、南に来ていると、思いますね。
マルセイユボレリ競馬場
大して馬券も当たらないまま、まったりと時間が過ぎてゆき、夕日の中、バスに乗って、家路へと。
2018.05.20

南チロルの競馬場の表彰式

表彰式には、ディアンドルなんでしょう、民族衣装の女性たちが華を添えます。
チロルといっても、広大なエリアになるし、山々にさえぎられるし、それぞれ、町の衣装ってのがきっとあるに違いありません。
メラーノ競馬場
ポーランドや、ウクライナ当たりの白を基調に、カラフルな花柄のものもかわいらしいですけど、やっぱり、緑の山と、花と、ディアンドルは、チロルの名物なような気がします。

クロスカントリーシリーズ参加国の国旗を持って、ここに並ぶ女性たち。
2018.05.19

ヴロツワフの市電とアパート

ワルシャワから、ヴロツワフへ日帰り。
目的は競馬。
でも、きっかけは、街並みと言っていい。

こんなかわいらしい街で競馬やっているんだ!ってのがきっかけだからだ。

いずれ、この町へは、長くやってくるつもりで、下見を兼ねて、観光も。
だが、観光していられる時間は、1時間あるかどうか?
ヴロツワフ
まずは、観光局を目指して、歩いてゆく。

通りを市電が走ってくる。
いやぁ、細い。
細くておもちゃみたいで、コケティッシュ。
すれ違う2編成で、道路一本という感じが目に浮かびますね。
ヴロツワフ
写真を撮っていて、気になったのは、その背後のアパート。
共産時代の建物なのかどうか?分かりませんが。
画一的であること、無機質であることが、そんな感じに思わせます。
いつできたか?知りませんけれど、なんだかね、気になるデザイン。

でも、こうした建築も、いずれ、文化的、建築的、歴史的価値を持ってゆくことになるのかもしれません。
古いことはいいことであることが多い欧州ですからね。
2018.05.18

プラハ ナーロドニー通り

旧市街と新市街を分ける通りですかね。
ちょうど旧市街を取り囲む弧になっている部分にこの大通りがある。
プラハ
カラフルなガラスと、整然と並ぶ商品。
通り名の道標の下には、整然と並ぶ、道先案内表示。

個人的には、もう、このキチキチっとした感じがチェコのイメージになっている。
ナーロドニーは国民。
この先、国民劇場があるから、この名前なんですかね?
国民劇場があるから、国民通りなのか?
2018.05.17

Rue André del Sarte アンドレ・デル・サルト通り

モンマルトルの右側。
基本、丘へ上る坂道の多いエリアなのだが、布屋街の裏手は、丘の脇の平坦地。
パリの道
奥に見える緑は、モンマルトルの丘である。
もっとも、丘の始まりはどこかということ自体むつかしいが、まあ、境目といってもいい。

この界隈は、かわいらしい雑貨屋などが並ぶ。
すぐ近くながら、観光客の導線から外れるからか?
そんなに多くの人はいない。
足を延ばす人は、目当ての店があるか、散歩好きか?
2018.05.16

クータンス・ノートルダム大聖堂

ようやくにして、大制度前に到着。
中は、何かやっていて入れない。
外は、背が高すぎて撮れない。
しかも、逆光になりそう。
クータンス
そう思って、裏に回ると、緑地になっている。
緑と城のツートンはきれいですね。
クータンス
ああ、これこれ、ノルマンディーのとんがりコーン。
いやぁ、いいですね。
とんがりコーンの形というのは、人々が好む、食べたくなる、好きになる形なんですかね?
そういう角度の錐型なのかもしれません。

フランスのほかの地域は、もっと野太い感じだし、チェコなんかだと、もっと細ーい感じだと思われます。
2018.05.15

スミュール・アン・ノクソワの町を目の前に橋を渡る

ずいぶんと、夜遅い時間になりつつあるけれど、夏は、明るい。
橋の上からも、多くの写真を撮ったけれど、教会やら、塔やら全部入りという、ありふれた1枚を。
スミュール・アン・ノクソワ
街灯があるわけだけど、これが、暗い夜空に町と橋を照らすのも見てみたいものだが、その時間というのは、夜中にならねばならない。
この時点で、すでに夜というべき時刻。
そこまでは、起きていられないな。
2018.05.14

マルセイユボレリ競馬場の寸景

競馬は、走るだけじゃない。
馬を見せる場所、パドックで、馬にまたがるジョッキー。
ここで、レースへとスイッチが入る馬も。
マルセイユボレリ競馬場
パドックから馬場へ。
スイッチはさらに加速し、入りすぎちゃう馬も。
走りたくて、走りたくてというのもいる。
マルセイユボレリ競馬場
ゲートに収まって、よーいドン!
マルセイユボレリ競馬場
ここまで来れば、あとは、自分の馬券と結果の比較を待つだけ!
30分間隔のレースですけど、予想に、馬券買いに、トイレに、お昼に、パドックに、写真に、、、。
結構あっという間に次がやってくるのです。
好きな人にだけはね。
2018.05.13

南チロルの色

クロスカントリーレースが始まる前に、ちょうど向こう正面を列車が走っていった。
競馬場と電車というテーマで、急いで一枚。
それにしても、カラフルで不思議な色合いの列車だなぁと。
ボルツァーノから乗る時から、ずっと思っていたことだった。
メラーノ競馬場
レースが終わり、着順掲示板をカメラに収めてみる。
おやおや?
審判?がいる部屋に、SUDTIROL(南チロル)の文字と、あの列車のカラー。
とりあえず、勝ったのは、4番の馬。
メラーノ競馬場
勝ち馬は、優勝した時に羽織るブランケットをかけてもらい、ゴール前で記念撮影。
こちらも、一枚。
よく見ると、ゴール版にも、南チロルの文字と、あの色が。
メラーノ競馬場
どうやら、電車のハデハデカラーは、南チロル地方のイメージカラーだったんですね。
きっと、チロルの山、花、水とかをモチーフにしたんでしょうね。
2018.05.12

ウロツワフ ピウスツキ通り

駅前に、ピウスツキエゴ通りがあった。
この人はポーランド人であるが、日本の競馬と縁深い。
もちろん、ご本人は、何のことだかわからぬことであろう。

ダンツィヒという馬がいた。
ポーランドのグダニスクという町の別称である。
この馬の馬主さんがポーランド人。
それゆえだろう。
ウロツワフ
この馬が父となり、世界中にその血を広めたのだが、そのなかの1頭にこのピウスツキという名をつけられた馬がいたのだ。
ポーランドつながりということであろう。
独、米、英、愛で大レースを勝ち、フランスの凱旋門賞では2着。
そして、日本のジャパンカップでも優勝した。

ピルサドスキーという名で呼ばれていたが、ピウスツキのことである。

まあ、そういう馬が、大種牡馬になったことで、ポーランドと競馬は縁深いのである。

ちなみに、ニジンスキーという英国3冠の馬がいるのだが、これも、ポーランド系のダンサーの名を冠している。
この馬も、凱旋門賞では2着。
日本の馬も、まだ凱旋門賞2着が3頭4回。

日本で走った馬の仔も出ている、競馬をしに、ヴロツワフへ来たわけだけど、駅前から、こんな通り名に出会うとはね。
2018.05.11

プラハ Legerova ルゲロヴァ通り

通りの向こうの国立博物館を狙って一枚。
プラハ
ずいぶんと明暗差があって、暗いところと白く飛んでしまうところと。
目で見る渡航は見えないのですが、これは、脳が、勝手に合成するのだそう。
もっと、かっこよく、デン!と通りふさいでくれていたんですけどね。
2018.05.10

Place d'Anvers アンヴェール広場から

メトロ2号線のアンヴェール駅は、サクレクールへの最寄り駅。
サクレクール寺院は18区。
駅降りて、反対側へ行けば9区。
駅近くのアンヴェール広場。
パリの道
ふと、この広場に出ると、サクレクールが、デン!とのぞいていた。
単体よりも、こうして比較対象があるほうが、個人的には好きな構図です。
2018.05.09

クータンス 駅前通り Rue de la Gare

以前、モン・サン・ミシェルへ向かうとき、パリ・サンラザールから特急でカンへ向かい、そこから、鈍行列車で、ポントルソンへ向かうルートを選択した。
その時に、ここ、クータンスの駅も通過したのだが、そこから見えた2本の尖塔がとても印象的だったのだ。
同じ路線で、バイユーの大聖堂の尖塔も、印象的な車窓だったが、そこは、その後訪れた。
クータンス
駅を降りて駅前通りを町へ向かう。
すると、2本の尖塔が見えてきた。
緑の向こうに2つの尖塔が見える。

おやおや?何か違う。
自分のイメージでは、ノルマンディーらしい、天を突きさすような、細長い尖塔だったという記憶があるのだが、違ったのだろうか?
そう思いながら、街中を目指す。

果たして、この教会は、サン・ピーエル教会という、別の教会の尖塔だったのだ。
2018.05.08

スミュール・アン・ノクソワ パリ通り坂下から

表参道ともいうべき坂道を下ると、町が一望できる散歩のハイライトへ到着。
ドーンと開けると、手は自然とカメラに行きますね。
スミュール・アン・ノクソワ
撮るわ撮るわ、どれだけ撮ったか?
その中から、やっぱり道が映ったものを2枚。
スミュール・アン・ノクソワ
もう一つも、 道ということで、橋が見えるものを。
石橋も、木造も、鉄橋も、コンクリートと比べると、趣がありますね。
2018.05.07

マルセイユボレリ競馬場と海

前回、マルセイユを訪れた時は、この町に2つある競馬場のうち、ポン・ドゥ・ヴィヴォー競馬場だけに行った。
だから、今回は、もう一つの競馬場も訪れることが大きな目的だった。
マルセイユ
パリ近郊の競馬場でみる、テレビ画面で、この競馬場で開催されているレース映像を見ると、地中海が見える。
海が見える競馬場は、海沿いの町であればいいというわけじゃない。
海沿いに競馬場がなければならないのだ。
フランスは世界第2位の競馬場数を数えるとはいっても、海沿い競馬場は数えるほどだ。
マルセイユ
スタンドかから、海を望むと、なにやら、島影と城影が。
イフ城がみえていた。
マルセイユ
こうして、近くの海浜公園の写真なんぞをとっていたら、競馬場で馬券勝負していることを、しばし忘れてしまう。
それほどの、地中海の青。
2018.05.06

メラーノ競馬場のクロスカントリーレース

さて、本日土曜の大きなレース2つのうちの1つ。
クラスカントリーレースが行われます。
そのまえには、扮装(コスプレともいえますか)人たちも現れ、レースを盛り上げます。
メラーノ競馬場
馬たちが、旗に先導されて入場してきます。
これは、今回見に来たきっかけとなったクロスカントリーの欧州シリーズのクリスタルカップというレースがおこなれている国々の旗。
メラーノ競馬場
まあ、車のF1グランプリの競馬のクロスカントリー限定版みたいなものですね。
クロスカントリーレースというのは、障害レースの一つで、飛越もありますが、川(疑似)を渡ったり、谷を下り、丘を登りのレース。
人間でもありますね。
メラーノ競馬場
旗は、イタリアを先頭に、愛、英、仏、チェコ、ベルギー。
旗手は、チロルらしい衣装?なんですね、きっと。
メラーノ競馬場
日本じゃ、クロスカントリーレース行われてませんが、いかにも、欧州らしい。
国々またいで、ポイント制のシリーズになってますから。
メラーノ競馬場
勝ったのは、ベルギーの馬主さんの馬だったかな?
落馬したり、途中で棄権した馬のジョッキーも、脇でゴールシーン見ています。
このレースがあったから、ここへ来たようなものです。
2018.05.05

ヴロツワフ中央駅駅舎

なんだか、異国情緒漂う駅舎。
昔から、こうした外観なのか?
リニューアルして、こういう形になったのかはわかりませんが、欧州に突如として、アジアの王宮が表れたかのよう。
ヴロツワフ駅
駅前の開けた広場から、とりあえず、中心地の旧市街の観光局を目指して、歩き始めます。
2018.05.04

チェコのパンをスーパーで

日本なら、コンビニでおにぎりを買うか、ワンコイン程度の弁当を買うか?
もっとも、独身サラリーマンなら、お昼は、お札一枚程度のランチをとることも可能だろう。
チェコのパン
チェコの、プラハの人たちの、いわゆる、一般の人たちのランチはよくわからぬ。
欧州であれば、夜よりも昼が重要だから、スーパーでパン買うって人が、どれほどいるか?はわからぬが、ここは、日本人的感覚で、いやいや、貧乏旅行人感覚でスーパーでお昼である。
チェコのパン
何て名前のパンだったのか?
場合によっては、何を食らっているのか?
をれを知るために、名前の写真などを撮っておく。
綴りを覚えておくには、あまりにチェコ語に慣れておらず、そう簡単に頭に叩き込めない。
上のパンは、写真にないから、何を食ったのか?もう、さっぱりわからない。
チェコのパン
もう一つのパンはわかる。
スーパーの写真を見れば、ピザのとなりから、
Mřížka 格子グリッド線
Brioška ブリオッシュ
Belgická rolka ベルギーロール
一番右は、párkemがソーセージ入りだから、ソーセージクロワッサン。
上の写真は、ブリオッシュであるが、フランスでいうところのそれではない。
sýrとrajčeとなっているから、チーズトマト。

2018.05.03

Rue Gérando ジェランド通りの向こう

パリ9区。
サクレクール寺院のおひざ元。
メトロ2号線のアンヴェール駅にほど近いところ。
パリの道
通りの向こうにふさぐ蓋のように見える、大きな木が丸くて印象的で一枚撮ったのだ。
印象的なのはそれだけじゃなかった。
通りの両側の建物の装飾もなかなか重厚。
このあたりに昔、モンマルトル屠場があったらしいのですが、時代とともに、ずいぶんと雰囲気は変わるものですね。
2018.05.02

緑越しのレセ修道院 

中に入れなかったので、外から。
木々の間から覗く鐘楼を。
レセ修道院
案内板が立っていたが、飛び込んできた文字は、ロンメルだった。
ドイツのロンメル将軍の第7装甲師団によって、ここは、宿舎になっていた用である。
古い修道院というだけではなく、ここノルマンディでは、そうした大戦がらみの話もついて回る。

修道院は丈夫で広いだろうから、そういう意味では、格好の駐屯所になるのだろう。

戦国大名も、本陣を神社やお寺に置いたりしてますしね。