FC2ブログ
2018.04.04

キャロルCarollesのヴォーヴァン小屋からモン・サン・ミシェルを望む

おv-ヴァンの時代にも、モン・サン・ミシェルはあっただろう。
今のような威容となっていたかともかく、建物が見えたに違いない。
モン・サン・ミシェル
そのころには、もう、望遠鏡というものがあったに違いなく、どこまで拡大できたかはともかく、大きなモン・サン・ミシェルをここの番兵も見たはずだ。
モン・サン・ミシェル
砂地に浮かんでいるわけだが、手前の模様は、まるで、東南アジアを蛇行する大河のよう。

ここまで来ても、遮るものはないから、しっかり見えますね。
十数キロの距離だと思われます。

スポンサーサイト