2018.03.09

プラハ本駅の写真

大きな駅は、こうして、多くのレールが交わって入ってゆく。
ここを、右に左に折れながら、いくつもの列車が入ってゆく。
いつまで見ていても飽きないというほど好きなわけではないけれど、それぞれの物語を抱えた人々が乗る、それぞれの列車の軌跡は、なんとなくトワイライトである。
プラハ本駅
フランスは、モネの絵のように、三角屋根が多い気がします。
ここは、丸屋根なんですね。
列車を見送る、見守るメガネ駅のよう。
スポンサーサイト