2018.03.06

スミュールの遠き山に日は落ちて Rue Basse du Rempart バッス・デュ・ロンパール通り

壁下通りの名の通り、城壁の裏側を川へ下って行く道。
この細い小道は、なんですかね、子供心を相当くすぐられる道。
散歩道というよりは、遊ぶために崖上へ向かう道であり、家へ帰るために、夕方下って帰る道。
スミュール・アン・ノクソワ
いまは、駆け下りたり、駆け上ったり、とてもできません。
確実に体のどこかを壊しそう。
体重と筋肉のバランスが、子供の頃とは全く違うんですかね?

子供のころ、近所のマムシ山と呼ぶうっそうとした林がありました。
そこの崖上へ行く細いガタガタ道、思い出しますね。
くの字に曲がった、足をくじきそうな悪路。

ここも、昔は、きっと、その悪路だったんじゃないかなぁ?裏道らしいやつね。
スポンサーサイト