FC2ブログ
2018.01.24

グレーニュ競馬場にて

競馬場の中には、結構人がやってきていた。
混雑しているわけじゃないが、田舎の競馬場にしては、なかなかの集まりよう。
もちろん、この日は、7年に一度の大きなレースの日。
そのイベントのカラーが黄色なのだ。
グレーニュ競馬場
レース前。
明るい陽射しと重たい雲。
この後、強烈な暑さと、かなりの寒さに襲われる。
晴れていたら暑いのに、曇ったら、寒いのだ。
湿地といえども、日本と違って、カラッと乾燥しているんですね。
グレーニュ競馬場
ゴールのところには、Gの文字。
これは、ヴァンセンヌが、Vの字を飾ってるから、グレーニュのGということだろう。
よく見ると、イジニー・サント・メールの看板も見える。
あの、エシレ村と双璧を成す、乳製品の聖地。
ここから、すぐ近くなんですよね。
グレーニュ競馬場
レースが始まる。
ここは、速歩。
車を引くのが、アトレという。
日本語だと、繋駕速歩というが、聞きなれないし、字も覚えられないほどむつかしい。
ま、車をつないでいるってことですね。
グレーニュ競馬場
アトレに対して、馬に乗っての速歩はモンテという。
騎乗速歩。
コースの向こうに、競馬場へ来る前訪れた、あの、教会跡の鐘楼が見える。
あれが、ここの借景でシンボルになってます。
グレーニュ競馬場
結構人は言っているんですよ。
盛り上がってます。
グレーニュ競馬場
むろん、こちらも、馬券握りしめて、盛り上がってます!
スポンサーサイト



2018.01.24

スミュール・アン・ノクソワへのアプローチ パリ通りを望む

城壁通りから、外を眺めると、道沿いに並ぶ家々が見える。
ちょっと可愛らしい茶屋根の並びだ。
この通りは、パリ通り。
そういう名前であるのだから、きっと、この先の方向には、パリがあるのだろう。
地図で確認すれば、ざっくり正しい。
スミュール・アン・ノクソワ
眺めた家々の手前の谷は川。
一本道を向かってくる人馬は一目瞭然。