FC2ブログ
2018.01.05

ワルシャワ・スウジェヴィエッツ競馬場へ行く2

トラムにのる。
初めての路線というのは、本当に長く感じるものだ。
これは、歩いていても、自転車でも、飛行機でも同じ。
知った道は早いが、知らぬ道は、まだか?まだか?となる。
だから、人を案内する時、案内される側は、とても長く感じることを考えつつ、連れてゆかねばならない。
今回も一人旅だから、気楽ですけどね。
ワルシャワ
トラムの終点は、WYSCIGI停留所。
競馬場停留所という名前である。

世界中、たいていのトラムは、運転席が片側にある。
終点駅では、逆方向に走り出すことはできない。
そのため、”ぐるりんこ”がある。
ぐるりんことは、輪っかのような場所をぐるっと回って戻ってゆくことだ。
環状線になっていれば、路線自体がぐるりんこであるから、その必要はないが、行って来いの路線では、両端にそれぞれ、ぐるりんこが必要なのである。

ここは3路線の終点駅。
3路線は、この先、長い間同じ線路を走ってゆくのだが、終点駅だけは、路線ごとに分かれている。
このあたり、ポーランド人気質というものなのだろう。
丁寧で細かい気質なんですね。
街のあちらこちらや、部屋の中が清潔なことも、この気質なのかもしれません。

トラムが並ぶと、ちょっとかわいいです。
スポンサーサイト