2017.11.01

グレーニュ競馬場への道5

競馬場への歩道なき道を歩き続けている。
やはり、歩道もない道を、延々と歩き続けていると、帰りも同じように同じ距離を歩かねばならぬし、この先たどり着けるのか?わずかながら心配になる。
大抵、次から次へ見たことのある風景をたどる帰りは、行きに比べてびっくりするぐらい早く感じますけどね。
グレーニュ
だが、わずかな、道の変化が、ふと、安心させてくれる。
この場合、子供の絵の描かれた標識。
結構なスピードで走る車であるから、もう少し先のことだろうが、子供たちが飛び出してくるかもしれぬ場所が近いことを教えてくれる。
民家が、そんなに遠くないのだろう。
目的地に近づいているんだなと、安心の種を与えてくれる。

そういえば、こんな標識、日本にあったかな?
スポンサーサイト