2017.10.21

中国国際航空でパリへ行く第3弾3

今回は、パリ行きではなく、ワルシャワ行き。
ワルシャワから、夜行でプラハ。
プラハから、飛行機でパリという経路。
中国国際航空
ワルシャワ行きでも、パリ行きと変わらない大きさの機体と、出発時間。
おそらく、ご飯も、こんな感じなのだろう。
夜食なのか?朝食なのか?
中国国際航空
気になるのは、このパッケージ。
演技よさそうな名前。
中国国際航空
おかゆです。
烏江はザーサイ。
上品は煮卵。
アンパンとフルーツと。

中国のエアラインの機内食ってどうなの?って時々聞かれますが、中華ですから、個人的には、かなり好きですね。
インターナショナルというのか、コスモポリタンというのか、ユニバーサルというのかわかりませんが、どこのエアラインでも食べられそうな食事よりは、エアラインの国に特化した食べ物のほうが、旅の楽しみは増えますね。
スポンサーサイト