FC2ブログ
2017.09.26

ぷらはの競馬場にて、飲み食い

このブルチャークという飲み物。
Burcak。
若い発酵中のワイン。
モラヴィア地方。

たしか、ウィーンでもそんなものが飲めるなんて、随分前に聞いたことがあったから、それと同じようなものだろう。
そうおもったら、果たしてそうだった。
そういう習慣が、欧州にはあり、各国で呼び名が違うというわけだ。
ブルチャーク
この時期しかチェコに来たことがないから、わかっていなかったが、どこでも飲めるが、いつでも飲めるわけじゃないらしい。
この、時期だからこそなのだそうだ。
いただきます!
前回は赤だったので、今回は白で。
酒は強くないので、このぶどうジュースでも、後で、じんわりとアルコールが回ってきます。
メドヴニーク
もうひとつ、食ってしまったのが、これ。
チェコケーキといえば、というくらい出てくる、このハニーケーキこと、メドヴニーク。
Medovnik。

これも、どうやら、このスラブ圏では、どこでも食べられるらしい。
もともとは、ウクライナなのかロシアなのか?
チェコのというより、東欧のというのが正しい食べ物なのかもしれない。

フランスの競馬場だと、サンドウィッチ、ホットドッグ、パンオショコラ、フランナチュール、ビール、ワイン。
まあ、どこも、ちょっとずつ違うけど、似てますね。
ラーメン、うどん、そば、焼きそば、カレーってのとは、別カテゴリー。

これらの食べ物は、チェコらしいというよりも、チェコの競馬場らしいのだ。
スポンサーサイト