2017.09.18

妖精より多い?コンビニZABKAでおにぎりを買うinヴロツワフ

なんだか、よく見かけるなぁと思った店。

ZABKA
ジャブカ

何の店だか、後で、調べてみようなんて程度のつもりで、写真を撮っておいた。
街の写真を取りながら、そのデジカメを記録紙としても使うから、いろんな写真が混ぜこぜになるのだが、時系列に並んでいるから、後で見た時に、散歩のストーリーはできやすい。

意味は、カエルなのだそうだ。
たしかに、そのマーク。
ヴロツワフ
下の写真も、この時撮った通りの名前の記録用だった。
そこにも、期せずして、あの名前が入り込んでいる。

そのくらい、このヴロツワフでは、見かける。
ワルシャワにもあるらしいが、まだ出会っていない。
ヴロツワフ
駅で列車を待つのに、1時間くらいあった。

駅のZABKAには、あまりものが残っていない。
駅近くのZABKAへ行くも、店員さんが、張り紙をして、5分ほどお出かけ中。
同じ通りの50m先のZABKAへ行った。

とにかく、この店だらけで、ほんとに、日本のコンビニみたいなのだ。
みたいじゃなくて、もう、”コンビニ”。
カウンター脇にソーセージ置いてあって、ホットドック作ってくれたりとか。
ヴロツワフ
そこで買ったおにぎり。
4youはFOR YOUの親父ギャクだろう。
寿司フォーユーってなマーク。

これは買わなきゃ食ってみなきゃってなったわけだ。
Z KURCZAKIEMは、ネット検索では、鳥肉入りっちゅうことのようだ。
ヴロツワフ
プラ!。これはもう、デザインでしょう。
この町の駅中の本屋さんでも、フランス語以上に日本語の語学書がうっていたけれど、まさか、プラをポーランド人が読めるとは思わないのだが・・・。
これ考えた人、きっと、日本に住んでいたに違いない。
包装の開け方も、日本風で似てた。ちょっと、違うけど。

見た目は赤飯おにぎりの白米版。
お味は、なんだか、酢飯っぽい感じだけど、悪くない。
機械で握ったみたいなおにぎりだけど、そういう器械まで、ポーランドにあるんですかね?
びっくり。

これ、ポーランド人相手に売ってるわけだからねえ、おにぎりを。
ゴマは、ぽろぽろ落ちるので、ちょっと改良の余地ありかな?

なんだかね、こういうの見ると、ポーランド人の日本文化愛を勝手に感じるね。
ゴマに鶏肉(白い肉)だから、日本食=健康食ブームもあるのかな?
スポンサーサイト