2017.06.19

シャンティイ城 コンデ家の紋章

シャンティイ城の図書館。
ここは、この城の中で、最も好きな部屋かもしれない。
本がぎっしり並ぶこともそうだが、他に比べて、大きすぎないことがいい。
もっとも、自分の家には、こんな大きな部屋はないですがね。
シャンティイ
そこに、紋章を見つけた。
ゴブラン織りなのかどうか?
王家に近いからなのか?
シンプルでいいですね。

コンデ家というのは、ブルボンのフランス王アンリ4世の叔父から始まる家のようですね。
源氏でいう足利のような、徳川でいう、松平のような。
時代でいえば、16世紀に始まった家ですから、家康とそうかわらない。
葵紋フランス版というところですか。
スポンサーサイト