FC2ブログ
2015.01.22

オード川を越えて

リムーの駅から町の中心部へ向かうには、橋を越えねばならない。
大きな川が町を貫いているのだが、これがオード川である。

オードというのは、県名にもなっており、オード県の県庁所在地がカルカッソンヌなのである。

そのオード川は、カルカッソンヌ以東、世界遺産のミディ運河に沿うように流れている。
ミディ運河が出来上がる前、オード川が、重要な地中海へのルートであったのだ。
リムー
そのオード川を、カルカッソンヌから遡ってゆくと、リムーに到達する。
さらにさらに、その先、上流へ向かうと、あの、ダ・ヴィンチ・コードで有名になったソニエール神父のいたレンヌ・ル・シャトーへとたどり着く。
カルカッソンヌから伸びる、この国鉄のローカル線は、ミディ運河が出来て、トゥールーズとつながる前までは、主要ラインであったのだ。

これで、一つ、このローカル線沿線に、大きな町が存在している理由がわかったのである。

地中海を逃れてきた、マグダラのマリア一行は、”オード川沿いに山奥へ退避していった”ということになる。
スポンサーサイト