FC2ブログ
2014.10.17

ランの大聖堂

Laonと書いて、ランという。
Craonと書いて、クランという。
Laonという町は、地図上で、最も気になる町のひとつだった。
そのつづりゆえだ。ラオンと言ってしまいそうになるが、ランなのだ。
なんだか、座り心地のわるいいすに座ってしまったかのようだったが、この町に来てLaonというつづりを見ていると、いつの間にか、そのつづりが、カッコよく見えてくるのだ。
ラン
ランという町については、歴史の本で一度出会っただけだ。
勝った負けた、取った取られた。
なんだか、嫉妬深い司教さんが、ここの町の司教として赴任してきた。
そんな、話を聞いただけだった。

ところが、あるきっかけで、この町を地図他で見ていると、巨大な丘があり、その丘に大聖堂が建っている。
そんな特異な地形をしていることがわかった。
そう知ると、それを実際見てみたくなるものだ。

ランに到着した。
宿は、駅から丘の向こう。
歩いてスーツケースはしんどいが、ぐるりと回る市内バスがある。

宿に荷物を置いて、丘の上を目指すことにした。
スポンサーサイト