FC2ブログ
2014.09.27

サン・ローからパリへ

ノルマンディの旅最後に、サンローの駅付近のレストランで食事。
日替わり定食が、クレープだと思って注文したら、お魚が出てきた。
尾の方のようだけれど、タラではないかと思われる。
食べ物の知識は、子供レベルに達しませんが・・。
ラタトゥイユの付け合せ。
サラダ。
サンロー
サンローから、リゾンへ行き、そこから、パリへ一路。

今年は、2014年。
ノルマンディでは、1944という数字を何度も見る。
今年は、70周年であるから、なおさらだ。

日本は、終戦1945。
だが、こちらは、ノルマンディ上陸作戦の1944の数字が多く見られる。

パリへ向かう列車も、英語を話すお客さんが多い。
サントメールエグリーズの町も、観光客はほとんど、アメリカ人のようであったし、帰り、バイユーからの乗客は、英語というより米語を話している人が多いように感じられた。

ノルマンディの多くの町で、米英加の国旗を見かける。

モンサンミシェル、ムール貝、そんな、観光名所もあるけれど、今年は、ノルマンディ上陸作戦という第二次世界大戦の記憶に彩られているノルマンディーを強く感じる旅だった。
スポンサーサイト