FC2ブログ
2014.08.22

カルカッソンヌ駅にて

カルカッソンヌ駅に到着して、中に入ると、巨大な絵が。
誰の絵なのか、良くわからなかったが、どうも、 Jean Camberoque(ジャン・カンベロック)という人の絵である。
カルカッソンヌにゆかりのある人だ。
このような、楽しいカラフルな絵が多いようだ。
デュフィや、マチスなんかを連想するような絵。
地方の美術館へゆくと、地元有名画家に出会うことがある。
絵葉書を買って帰るのだけれど、今回は、駅舎内で出会い。
で、絵葉書ではなく、写真に。
カルカッソンヌ
駅を出ると、シンメトリーな駅舎がたたずんでいる。
屋根も、赤茶の南仏である。
カルカッソンヌ
駅に着いて、良くやることがある。
この界隈の時刻表を手に入れることだ。
ネットで調べれられる時代とはいえ、調べるには、調べたい何かが必要だ。
何かあるかもしれないだけでは、ネットは使いづらい。
その点、この時刻表を手に入れると、鉄道でいける町を、ダイレクトにネットで調べられるし、観光局で、そこの資料を手に入れられるチャンスが増える。

なかなか、アナログも良い。
いや、いや、デジタルの端と端には、必ずアナログの作業を行う人が介在しているのだ。
スポンサーサイト