FC2ブログ
2014.07.11

EUS ウスの町並み

下から眺めると、家々が重なって見える。
山肌に寄り添うように建つ。
EUS
一歩中に入ると、家々の脇を、階段や道が通り抜けている。

小学校4年生の頃だったか?
ビー玉ころがしという工作の時間があった。
少々高価な箱入りのお菓子の箱なんぞを、L字に立てて、そこに、ビー玉の道をボール紙などではりつけて作ってゆく。
ドンキーコングの火の玉が落ちてくるルートのように・・。
時には、分岐させてみたり、ゴールがいくつかある、駄菓子屋のゲームのようにしてみたり・・・。
ビー玉ころがしの道も大好きであったが、そいつを少々連想させる、頂上から、網の目のように連なって行く道々である。
EUS
そのビー玉の道を、自身がビー玉になって、逆方向へ登ってゆく。
いったい、このビー玉ころがしの作者は、どんなルートを作ったのか?

つながる喜びも、ビー玉ころがしの道探しも、謎解きの答えが見つかることも、私にとって、おんなじ範疇にある。
スポンサーサイト