FC2ブログ
2014.03.31

シャルトル ウール川沿いを行く3

川沿いを散策していると、可愛らしいお店も出てくる。
これはレストランであろうか?
このときはやっていなかったけれど、ツギハギ風に、窓枠にあわせてカーテンの柄を替え、よりレトロに見せている。
古い木組みの家に合わせた、かわいらしいトータルデザインということなのだろう。
シャルトル
レースであっても、柄というより、絵を見せるといったものが多い。
窓は、単なる光採りじゃなくて、中から、外へ見せるディスプレイ意識が、この国の人にはある。
夜、見て!とばかりに、ライトをつけた自慢の部屋を見せてる人も多い。
”中は見られたくない”意識は東アジア的なのかもしれない。
たしかに、単に遮蔽してしまうだけのカーテンじゃ、面白くないもんね。
スポンサーサイト