FC2ブログ
2014.01.28

ケルン駅停車中のSL

夜行列車を待つ間、駅にあるベンチに座って、駅構内で買ってきたソーセージを食らう。
フランスに行けばパンを食うように、ドイツに行けばソーセージ。
しなければならないという義務感に襲われる。
もっとも、嫌な気持ちにはならない。
旨いからだ。
ケルン
ドイツといえども、都会の駅はそんなに治安がよくないようではある。
駅構内を何周もあるいている、きたない、おっさんに、何かよくわからないことを言われるし、警官も巡回している。
それでも、物騒というほどではない。

ふと見ると、隣のSLで子供達が遊んでいた。
しばらくすると、ファストフードで勝ったコーラが、SLの座席に置いてある。自販機で切符を買うドイツ夫婦もものらしい。物置と化した。
そのときから10分以上、券売機と格闘している親父が、SLの向こうに立っていた。

座席脇にハートマークにNaoimというシールの貼られたSLサンタフェは、今日も、ケルン駅内の悲喜こもごもを見つめている。

スポンサーサイト