FC2ブログ
2013.11.15

Cite Annibal シテ・アニバル

パリ14区にある行き止まりの道。
この通りは、何かいわれがあるわけでもなく、単なる道。
そんな道を奥深く入っていってみる。
パリの道
奥には、建物脇からのぞく緑と少し日の当たる明るい場所が浮かび上がっている。
それ以外はちょっと日が当たらないような暗さに包まれている。
パリの道
そんな通りから、ふと、大通りの方を振り返ってみると、明らかに下界と区切られた空間にいることが分かる。
下界は明るい。
あそこからパリが始まるのであって、あそこまでは住居空間なのだ。
パリの道
このシテという通り、いわば、家の中を縦貫する廊下なのだ。
左右に部屋があるのである。
中庭もそうだが、こうやって、パリは、より個の空間へいざなわれてゆくのである。
だから、こんな行き止まりの通りへ入ってしまうと、間の悪さを感じるのである。
スポンサーサイト