FC2ブログ
2013.08.10

アイ村散策

アイ村のメインストリートから、一歩中へ入ってゆく。
カーヴと思われる重厚感溢れるレンガ造りの少し古い建物が並ぶ。
道は石畳だが、この方がへこまぬのかも知れない。
アイ村
村のどこを撮っても、シャンパンとかかわる何かが写っている。
そうした村である。
規模は小さくとも、村といっても、ここへ落ちるお金はただの小さな村とは、別次元だろう。
赤枠の窓が、この町ではあちらこちらで可愛らしい。
アイ村
この、デンと置かれた樽には、ぶどうがたんまり入っていたのだろうか?
アイ村
シャンパン造りという、黄金の元が、連綿と引き継がれている財産がこの村にある。
そう感じる村散策であった。
スポンサーサイト