FC2ブログ
2013.07.26

中国国際航空で行くパリ4 北京からパリへ

北京からフランスへは、同日着。2度のご飯が出る。
上二つは5月、下2つは6月に乗ったときだ。
中国国際航空
5月は似たような物を頼む事になった。
おそらく、一回目は欧州風か中国風か?に中国風と答え、二度目は牛肉とこたえたのかも知れぬ。
向きだけが違う、ほぼ同じ物を食べる事になったのだ。
こちらも、心してかからぬと、こういう羽目になる。
それにしても、にんじん等が堅いのは気になるが、味は決して悪くは無い。
ただ、濃いのは変わらぬ。
中国国際航空
心してかかった6月は、前回と同じ轍は踏んでいない。
見た目は6月の方がおいしそう。
中国国際航空
北京の空港で乗り換えると、日本人は日本人以外にも、韓国人、中国人、そして、フランス人が目につく。
もちろん、パリ行きであるから、フランス以外の欧州人はそんなにいるわけも無い。
たまたま乗り合わせた、韓国の若者達は、みな揃って、大きなサングラスにピチピチのTシャツかタンクトップにシャツという格好をしていたが、あれは、流行っているんですかね。それとも、パリ行きのスタンダード?
中国の若者達は、皆、我関せず。周りは気にならぬ様子。まるで、バス待ちの雰囲気。
パリ行き”アジア”の一幕といった景色であった。
中国国際航空
今回はシーフード、そして、麺と頼んだので、違うものが食べられた。
毎回、最初は、CAさんに中国語で聞かれるのだが、中国人か、韓国人か、日本人か?そんな細かい事は気にしてないよ!ということなのかもしれない。大国だものね。
もっとも、中国語の中にも言葉がたくさんある。

スポンサーサイト