FC2ブログ
2013.07.20

エペルネーでモエのカーヴ見学

モエのカーヴの見学へ。
日本語でも案内してくれるので、それを待って、一番安いコースで入場。
値段は、おそらく最後に飲める”もの”が違うのだ。
モエ・エ・シャンドン
ビデオ見た後は、地下へ。
一旦もぐったら、二度と地上へ出られないのではないかと思うほど広く、どこもかしこも似た風景だ。
どれほど埋まっているのか?
説明は覚えていないが、興味のある人は、潜ってお話を聞いてくるに限る。
モエ・エ・シャンドン
地上へでれば、テイスティングであるが、詳しくなければ、飲んでいると表現すべきであろう。
もちろん、私も、”飲んでいる”一人である。
モエ・エ・シャンドン
シャンパンの泡と共に、聞いたお話しが消えて行く。
飲んだ事に満足し、お土産ショップへ。
モエ・エ・シャンドン
来た、入った、飲んだ!
山崎のサントリーでも同じだが、この3つが旅の醍醐味なのだ。
大事なのは、知識ではなく、時間である。
スポンサーサイト