FC2ブログ
2013.06.26

コリウールのチャペル・サンヴァンサン

教会の裏手にまわると、海に突き出た突先がある。
そこに、Chapelle Saint-Vincentサンヴァンサン礼拝堂が建っている。
この日は、寄せる波が結構強く、風も強かった。
そんななか、旅で訪れたのだろう、随分多くの高校生ぐらいの若者が礼拝堂を目指している。
といっても、この荒れた海、男の子達のテンションはさらに高まる。つれて女の子のテンションも上がってゆく。
世界中、どこでも見られるような画が広がっている。
コリウール
そんなところを右側に切り捨てて、写真を撮ってみると、そんな現はどこへやら?の写真となった。

それにしても、日本の寺も、西洋の教会も、こうした、厳しい環境に建てられることが多い。
その方が、霊験あらかた、精神の修練、などなどにつながるのかも知れない。
いやいや、自然崇拝などとつながっているのかもしれない。

富士山が世界遺産になったけれど、大きな山を目の前で見上げると、ちょっと怖いぐらいの気持ちになる。
山そのものが、崇高で冷厳な精神を持っているかのように見えちゃうんだよね。
スポンサーサイト